1. 料理
    2. 辛いけど甘さを感じる「キーマカレー」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    辛いけど甘さを感じる「キーマカレー」の作り方

    スパイスさえ揃えればインド料理風のキーマカレーはカンタンにできます。日本のカレーと違ってコトコトと炊き込まなくていいので作ろうと思ったらすぐにできあがるのも魅力のひとつです。

    材料(4〜6人分)

    • 合い挽き肉:400g
    • 玉ねぎ:1つ
    • トマト:1つ
    • リンゴ:1/2個
    • カルダモン:3つ
    • クローヴ:5つ
    • クミンシード:小さじ1
    • 青唐辛子:2本(小さめの輪切り)
    • ニンニク:2かけ(みじん切り)
    • ショウガ:1かけ(みじん切り)
    • コリアンダーパウダー:大さじ3
    • ローリエ:2枚
    • ブラックペッパー:適量
    • 水:200cc
    • コンソメ顆粒:小さじ2
    • 赤ワイン:大さじ3
    • トンカツソース:大さじ1
    • ケチャップ:大さじ2
    • 醤油:大さじ1
    • はちみつ:大さじ1
    • 塩:適量

    作り方(調理時間:40分)

    STEP1:野菜の準備

    玉ねぎをみじん切りにします。ショウガ、ニンニクをみじん切りに、青唐辛子を小さめの輪切りにします。

    トマト、リンゴは粗めのざく切りにしてミキサーにかけます。

    STEP2:油に香りをしみ込ませる

    フライパンにカルダモン、クローヴ、クミンシード、青唐辛子、ニンニク、ショウガ、ローリエを入れ、少し多めにサラダ油を入れて火を点けます。

    弱火でじっくりと油に香りをしみ込ませます。

    STEP3:合い挽き肉を炒める

    プツプツと泡が出てシュワシュワしてきたら合い挽き肉を入れます。

    火は強火にし、合い挽き肉の色が変わるまで炒めます。

    STEP4:玉ねぎを入れる

    合い挽き肉の色が変わったら玉ねぎを入れます。

    STEP5:トマト、リンゴを入れる

    全体に油が回り、玉ねぎが透明になってきたらコリアンダーを入れて混ぜます。

    同時にブラックペッパーも入れます。

    ざっと混ぜたらミキサーしたトマト、リンゴを入れます。

    水、コンソメ顆粒を入れて混ぜます。

    STEP6:水分が減るまで炊く

    赤ワイン、トンカツソース、ケチャップ、醤油、はちみつを入れてざっと混ぜます。

    火を中強火にして15分ほど炊きます。

    水分が減ったら最後に塩を適量入れて混ぜたら完成です。

    最後に入れる塩ですが、ほんのひとつまみでガラリと味が変わります。ですので入れる前にちょっと味見をしてから、味を見ながらちょっとずつ入れていくようにします。

    上手に作るためのポイント

    日本のカレーは玉ねぎを飴色になるまで炒めますが、インド料理のカレーはそこまで炒めないことが多いのでラクです。筆者の場合、玉ねぎの食感を残したかったのでちょっと大きめのみじん切りにしました。

    しかし、玉ねぎの食感は必要ないという場合は、もっと小さめに切ったり、またすり下ろすのもいいでしょう。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人