1. 趣味
    2. ジャマイカのオススメ観光スポット

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ジャマイカのオススメ観光スポット

    カリブ海に浮かぶ小さな島国「ジャマイカ」自然にも恵まれ、陽気な人々で賑あう国で、一度は行ってみたいという人は少なくないと思います。レゲエミュージックの影響で日本から来る若者もよく見かけました。

    著者は8年前に一ヶ月だけ、一人旅でジャマイカを訪れました。とてもエネルギッシュな国で、良い経験ができたと思います。

    今回は著者がジャマイカ旅行で体験したオススメの観光スポットを紹介します。

    オススメの観光スポット

    モンテゴ・ベイ

    著者が最初に着いたのは「モンテゴ・ベイ」でした。

    ジャマイカ第2の都市なだけあって、リゾートホテルもたくさんあり、どちらかというと「観光客向きな町」という印象でした。町の近くにビーチやレストランもたくさんあり、過ごしやすかったです。

    著者が泊まったホテルはビーチが目の前にある、高級すぎず、安すぎずといった、普通のホテルです。ここだけは日本から予約して行きました。

    英語は通じますが、日本語がまったく通じないジャマイカ。モンテゴ・ベイには日本の旅行会社がありました。そこで色んなツアーなどを申し込むと良いと思います。

    ダウンタウンにはクラフトマーケットというのがあります。小さな小屋がいくつも並んでいて、雑貨や衣類、手作りのアクセサリーなどが売られていました。あちこちから、ものすごい客引きにあって、ゆっくり見られる時間はないですが、著者はそれも含めてなかなか楽しめました。あまり日本じゃ経験できないので、良かったら行ってみてください。

    ネグリル

    ジャマイカの島、西端にある「ネグリル」は、白砂のビーチが11キロに広がり、サンセットの時間になると、周りが真っ赤に染まります。まるで別世界です。これからジャマイカに行こうと思っている方は、是非行ってみて下さい。著者はネグリルが一番好きです。

    著者は現地のタクシーだとふっかけられるのが心配だったので、モンテゴベイからバスで来ました。モンテゴベイの日本旅行会社で予約しました。

    モンテゴ・ベイに比べると田舎町といった印象。絡んでくる人達もいなく、安心して外を歩けました。

    ビーチにはチキンを焼いている屋台がありました。チキンをパンに挟んでくれて、スパイシーなソースをかけてくれます。シンプルなのですが、すごい美味しかった思い出があります。

    ネグリルにはサンセットカフェというものがあって、最高のロケーションでのんびり夕日が見られる所らしいです。著者は行かなかったのですが、お酒を飲みながら、のんびり夕日を眺めたい方には良いと思います。

    キングストン

    言わずと知れた、レゲエのふるさと「キングストン」は、人口約75万人が住む大都市。レゲエのパーティーもあちこちで行われていて、著者は滞在中ほとんどパーティーに出向いていました。

    日本人が経営するゲストハウスに泊まっていたので、日本人のバックパッカーの方や、レゲエを見に来たという日本人観光客の方も多々出会いました。
    パーティーの情報もゲストハウスで聞けるので、便利でした。

    一人でパーティーに行くのが怖いという方でも、ゲストハウスのみんなで行くのがほとんどなので、大丈夫です。ツアーもやってくれていたので、安心して利用できました。

    食事はほとんど外食でした。町には普通にマクドナルドやケンタッキーなどがあります。ジャマイカ人はチキンを好むので、ケンタッキーはいつも長蛇の列でした。逆にマクドナルドはガラガラで、いるのはすべて外国人。ちょっと珍しいですね。

    他にもジャークチキンやアキー&ソルトフィッシュといったジャマイカ料理もあるので、是非食べてみて下さい。どれもすごく美味しかったです。

    各所の注意点

    モンテゴ・ベイ

    なにより日本人が町を歩いてるだけで、そこら中から「hey japanese!!」と声がかかります。特にタクシーの運転手が多かったです。「ツアーに連れてってやる」などと言って、高額をふっかけてくる人がかなりいました。

    著者も10人位に囲まれて、逃げるのが大変な時もありました。勝手についてきて、道案内料を請求されたりもするので、よく注意して、はっきり「NO」と断った方が良いです。しかしそういうのは、かなり多いので、ある程度覚悟しといた方が良いと思います。

    ネグリル

    ビーチ沿いに色々レストランがあります。しかしメニューに載っている物がほとんどなかったり、違う物が来たりします。日本人とは感覚が違うようです。

    キングストン

    やはりモンテゴ・ベイと同じ、それ以上に治安は良くないと思います。
    どこの民家にも鉄柵がありました。それだけ強盗などが多いと言う事ですね。

    ツアーを押し付けてくる人も多いですし、手さげバックや、ショルダーバックのたすきがけも良くないと思います。ゲストハウスでも注意されました。
    女性の一人歩きも危険だと思います。襲われた方の話もたくさん聞きました。できれば男性と一緒か、数人で歩くのが良いと思います。

    基本的に向こうから愛想良く近づいてくる人は信用しない方が良いと思います。確実に何か企んでいます。逆に無愛想でこちらに関心を示さない人の方が、普通の人なので信用できるかと。

    あまり疑いすぎも良くないですが、素直にひょいひょいついて行くと、危険な目にも会ってしまうと思うので、しっかりと注意する事が大事だと思いました。

    さいごに

    当時ビザ無しで行ける期間が一ヶ月だったので(現在は不明)、そこまでの滞在になりました。できればもっと居たかったです。そう思わせてくれるほど、刺激的で楽しかったです。他にも、もっと素晴らしいスポットがあると思うので、ご自身で探してみる事が一番かと思います。

    簡単な紹介でしたが、参考になれればと思います。是非、陽気な国「ジャマイカ」を楽しんでみて下さい。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ