1. 料理
    2. じゃがいもを美味しく保存する方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    じゃがいもを美味しく保存する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    じゃがいも料理、火の通りに時間がかかるので、手早くご飯を作りたい時には、敬遠しがちですよね。そこで、あらかじめ火を通して美味しく保存する方法ご紹介します。

    用意するもの

    • じゃがいも
    • 厚手の鍋
    • 塩と油(ほんの少々)
    • 水100~150cc(数回に分けて使用)
    • 保存容器

    作り方

    STEP1 じゃがいもを切る

    皮の泥を洗い流します。

    4等分に切り、皮を剥きます。

    STEP2 蒸し煮にする

    厚手の鍋に、じゃがいもを入れて、油と塩を一振りし、水(25cc)を入れます。

    蓋をして、中火にかけ鍋が温まったら弱火にして、蒸し煮にします。

    途中、菜箸等でかき混ぜながら、焦げないように注意し1回につき、25cc程度の水を差す事を3~4回程度くりかえし、写真のように粉をふいたようになり、箸で割れるようになればOKです。

    所要時間は、今回の分量7個で15分程度です。鍋の厚みや、一度に入れる量により異なりますので、味見をしながら様子を見ましょう。

    STEP3 保存容器に入れ冷蔵庫にて保存する

    約1週間で使い切れる量を目安にして保存しましょう

    おわりに

    茹でるよりも、水っぽくならず美味しい状態をキープできる保存方法です。あらかじめ火が入っている事で、肉じゃがなどの煮物も短時間で味の浸みた美味しい仕上がりになります!ぜひ、日々の献立にご活用ください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人