1. 料理
    2. 新鮮でおいしいアジの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮でおいしいアジの見分け方

    はじめに

    日本人の食卓に欠かせないアジ。中でも筆者はアジの開きが好きで、日本の家庭の朝食に代表されるものがありますよね。

    今回の記事では、生のアジと刺身などの切り身のアジ、アジの開きのおいしいものの選び方をそれぞれご紹介します。

    おいしいアジの見分け方のポイント

    ポイント1:アジの旬

    アジは一年中漁獲されますが、中でも夏に獲れるものが一番おいしいとされています。

    ポイント2:見た目で見分ける場合

    • 目が透き通って、黒目の部分は黒々としている
    • 身が厚く、まるまる太っている
    • ハリ・ツヤがあり、背の部分がキラキラと光っている
    とくにお腹のあたりが高く盛り上がり、尾の付け根まで丸みをおびているものが脂がのっていておいしい証拠と言われていますのでチェックしましょう。

    ポイント3:切り身の場合

    • 切り身の場合、ピンクに近い赤身のもの…色がくすんでいるのは傷んでいるので避けた方がいいでしょう。

    • また、鮮度が落ちるとドリップが出てくるので注意しましょう。

    ポイント4:アジの開きの見分け方

    開いた形が丸に近く、ふっくらとしたものが旬の味を使ったおいしい開きと言えます。

    • 開いた両側のお腹に白いかたまり(アジの脂)がたくさんついているものがおいしいと言われています
    • 表面にツヤがあり、よく乾燥されたもの
    あまりにもスマートなものは脂が乗っていないので、避けた方が良いとされています。

    おわりに

    アジは癖がなく、味がいいことから名前がついたそうです。この記事を参考に、おいしい味を選んでみてください。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人