\ フォローしてね /

波風を立てずに飲み会を断る方法

はじめに

会社勤めをしていると避けて通れないのがお酒の席。「新年会や歓送迎会はともかく、普段の飲み会までは付き合いきれない」という気持ちになることも多いのでは?でも会社の飲み会はなかなか断りにくいものですよね。そこで今回は荒波を立てずに飲み会を断る方法を紹介します。

波風を立てずに飲み会を断る方法

1:妥当な理由と「本当は行きたいところなのですが」

行きたいけどワケあって行けない、ということを強調しましょう。そして、そのときのワケは、すぐにバレてしまう嘘、明らかに嘘くさい理由ではNGです。あながち嘘でもないという理由が理想です!そのほうが自分自身の罪悪感も軽減されます。一例ということで、著者が、使える理由をいくつか考えてみました。

  • 「今月は金欠なので、参加できそうにありません」
  • 「最近遅くなることが多く妻の機嫌が悪いので、今日は早めに帰らないと…」
  • 「体調が優れないので今回ばかりはすみません!」
  • 「習い事があるので参加できません」

2:「また誘ってくださいね」と笑顔

最後に、「また誘ってくださいね」と笑顔で言うのを忘れずに。本当は行きたいけど行けない、でも次の機会にはお願いします!という意志をしっかり見せましょう。相手も、それ以上はツッコんでこないと思います。そして、あまり悪い印象も与えないはずです。

3:翌日のフォローも忘れずに

飲み会の翌日、会社で顔を合わせたら、「昨夜の飲み会はいかがでしたか?盛り上がりましたか?」と笑顔で声をかけてみましょう。後ろめたい気持ちは分かりますが、決してコソコソしないように。「こんな話で盛り上がってさー」と、そこから会話が生まれる場合が多いです。

断ったことで気まずい雰囲気になるのではなく、みんなの楽しかったエピソードなどを聞き出し、一緒に盛り上がってしまうのも有効な手です。話を聞き終わったら、「そうなんですか。私も行きたいところでした!」と締めれば完璧です。

あまりにも羨ましがると、「じゃあ今夜飲みにいくか?」と速攻で誘われてしまう可能性も。ほどほどのところでやめておくのも大事なポイントです。

おわりに

3つの効果的なフレーズを方法を紹介しました。これらは毎回使えるものではありませんので、本当に参加したくない時、しんどい時に使ってみましょう。

断る方法を紹介してきて最後にこんなことを書くと怒られてしまうかもしれませんが、やはり会社に所属している以上、飲み会も仕事のうちなのかもしれません。普段の仕事を円滑に進めるために、できる限り参加することもオススメします!

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。