\ フォローしてね /

簡単!カラオケを歌う前に、喉をリラックスさせる方法

カラオケで楽しく歌いたい!でも、いざとなると喉に力が入ってしまい、うまく声が出なくて悔しい思いをした…。そんな経験、ありませんか?

喉が緊張しているとき

喉が緊張していると、綺麗に発声をすることができません。

あごや舌にも余分な力が入り、声帯を充分に開くことができなくなります。その結果、無理な発声をしてしまい、声が上手く出ないばかりか、喉を痛める結果となってしまいます。

プロのロックシンガーがあんなに激しい声で何時間も歌えるのは、実は喉をリラックスさせて歌っているからなのです。

喉の緊張をほぐし、リラックスさせることが大切!

喉のストレッチのやり方

STEP1:首や肩の緊張をほぐす

いきなり喉をリラックスさせるのは難しいので、まずは周りの筋肉をほぐします。首や肩を回したり伸ばしたりして、筋肉の緊張を充分にほぐしましょう。

まずは首と肩のストレッチから!

STEP2:顔の緊張をほぐす

顔がこわばっていると、喉を上手に開くことができません。顔の筋肉は意外と緊張しているものです。顔のストレッチも念入りに行いましょう。

  • 口を思いきり横に開く

  • 目を見開いて、口を思いきりすぼめる

これらの動きを繰り返し行います。ちょっとおもしろい顔になりますが、恥ずかしがらずにやってみましょう。

なるべくオーバーに動かすのがコツ!

STEP3:わざとあくびをしてみる

周りの筋肉をほぐしたら、いよいよ喉のストレッチを行います。

ここでは、わざとあくびをしてみましょう。あくびをすると、喉の奥が自然な状態で開きます。これを繰り返しているうちに、喉の緊張がほぐれてリラックスした状態になってきます。

あくびしながら首や肩のストレッチも同時にやると効果アップ!

おわりに

喉の筋肉を意識して動かすのはなかなか難しいもの。でも、これらの簡単な動作を組み合わせることで、喉の緊張を楽にほぐすことができるようになります。

カラオケを始める前に、皆と一緒に喉のストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。お互いに変な顔で笑いあったりしているうちに、歌う時にも自然とリラックスした良い声がでるかもしれませんね。

良い声の秘訣はリラックス!喉をほぐして楽しく歌おう

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。