\ フォローしてね /

大根で実践!地紙切りのやり方

このライフレシピのもくじたたむ

食材にはいろいろな切り方があります。そのひとつが地紙切り(じがみぎり)という切り方で、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

ここでは大根を材料として、地紙切りについて紹介します。

地紙切りとは

地紙とは、扇に張る紙のことです。この形に似ていることから地紙切りという呼び方をされています。

切り方は、いちょう切りの先端のとがっている部分を切り落として地紙の形にします。

切り方

STEP1:皮を剥く

材料となる大根の皮を剥きます。

STEP2:切る

縦に4等分に切ってください。

材料が細い場合は3等分にすると、より地紙らしくなります。

STEP3:いちょう切りにする

4等分に切った大根を写真のようにいちょう切りにします。

厚さは5mm程度ですが、料理によって変えてかまいません。

STEP4:先端部分を切って完成!

先端部分を切り落として完成です。

さいごに

大根のほかに人参やタケノコなどにも使い、多くの場合椀物に使います。ひと手間加えるだけで普段とは違った飾り切りができるので、ぜひ試してみてください。

(photo by 足成)
(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。