1. 暮らし
    2. 今日が捨てる日!たくさんある洋服をスッキリさせる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    今日が捨てる日!たくさんある洋服をスッキリさせる方法

    モノは大切にしましょう。「一生モノ」だって、ありますよね。「代々受け継がれている」ものなら、なおさらです。

    けれども、自分の部屋を見渡したときに、そのように長い年月を使い続けられるモノが、どれだけあるでしょうか。子供や孫に伝えたいモノでしょうか。

    今回のテーマは洋服です。自分一代限りの洋服であれば、まずは「捨てる候補」にすることから始めてみましょう。

    「捨てる」は「リサイクル」に置き換えてもOKです。

    ポイント1:思い立ったら「今日は捨てる日」

    仕事や趣味で何かに挑戦するのと似ています。捨てる決意は挑戦です。思い立ったが吉日、思い立ったら捨てる日にしましょう。

    ポイント2:誰が着る洋服?

    洋服すべてをチェックしましょう。1着1着に問いかけてみてください、「誰が、この服を着るのか?」

    子供のため?

    子供が将来、着る可能性がある。それは保管してもいいと思います。

    「将来」その日が来たときに最終決断すればいいからです。子供の意見やセンスとのコミュニケーションも大切です。そのかわり、もう『自分のもの』ではないことを意識しましょう。

    家族のため?

    家族のため誰かのために保管するのは悪いことではありません。そのかわり、「キッチリ保管」しましょう。

    誰かのための服は、自分の服とは区別して収納させましょう。決して混同させないことがポイントです。今日からハッキリ区別しましょう。

    誰かのための服なら自分の服とは別にして収納を

    ポイント3:いつ着る服?

    自分の服の場合は「今日」決めましょう。いつか自分が着るかもしれないなどと言わず、今、着てみてください。

    実際に着てみて「着心地いいな」と思えば、無理して捨てる必要はありません。とっておいても大丈夫。しかし、ちょっとでも違和感があれば捨てましょう。

    衣替えの時期に行うと、着心地にリアリティがあります。実際に着てみて判断するのですから、ある程度は気候も着心地に影響があるものです。

    実際に「今」、着てみましょう

    おわりに

    すべてのモノに持ち主を決めて、自分の部屋には自分のモノだけを置きましょう。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人