\ フォローしてね /

食べてみて!台湾B級グルメのススメ

ニーハオマ?台湾といえばグルメ。安くておいしいグルメがたくさんあることで有名です。今回は台湾大好き、渡航歴10回以上の筆者がオススメB級グルメを紹介します。

お取り寄せできるものにはリンクが貼ってありますので、ぜひ自宅でもご賞味あれ!

色々食べよう!厳選台湾B級グルメ

1.安くて美味しい!朝ごはん

台湾に行ったら是非、台湾式の朝ごはんにチャレンジしてみませんか?街角の朝ごはん屋さんの代表的なメニューは以下の3つです。

  • 豆漿(トウジャン)&油條(ヨウティアオ)

砂糖の入った甘い「甜豆漿(テントウジャン)」、干しエビやネギの入った少ししょっぱい「鹹豆漿(シェントウジャン)」などお店によって数種類のメニューがあります。ちなみに甜豆漿にはホットとコールドがありますのでお好みでチョイスしてみてください。

油條は揚げパンです。揚げたてサクサクの油條を温かい豆漿に浸して食べるのが台湾式。朝ごはん屋さんに行ったら豆漿と一緒に是非、油條も食べてみてくださいね。

  • 蛋餅(ダンピン)

こちらは薄い卵焼きと、薄い小麦粉の皮を重ねて焼いたクレープみたいなもので、地元の方にも大人気の朝ごはん。甘じょっぱいタレをかけて食べます。オーダーしてから焼いてくれるので熱々をいただけます。

お店により、ネギや香菜が入っていたりするので、何軒か食べ歩いて好みの店を見つけてみるのもいいですね。

  • 厚餅(ホウピン)

外はカリッ、中はモッチリの、釜で焼いたパンのようなものです。これにネギ入りの卵焼きをはさんだ厚餅夾蛋(ホウピンジアダン)は日本人にも相性抜群のはず!テイクアウトして食べ歩きすれば地元っ子の気分も味わえます。

どのメニューもお店によって少しずつ味が違うので、自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。

2.ついつい食べちゃう!間食グルメ

台湾では、観光やショッピングの途中でもあちこちで美味しそうなお店や屋台を見かけます。せっかくの旅行です。気になるグルメがあれば、迷いなくチャレンジしましょう!ダイエットは明日から!

  • 胡椒餅(フージャオビン)

豚肉とネギを具にした焼きまんじゅうです。香ばしくパリッとした皮に、ジューシーな餡がぎっしり。炭火の釜で焼いた焼きたて熱々の胡椒餅は一度食べたらやみつきです。小腹の空いてくる夕方には、釜の周りに行列ができています。お店によって餡の味が違うので色々食べてみましょう!

  • 牛肉麺(ニューロウメン)

台湾B級グルメといったら牛肉麺は外せません!醤油色のスープの「紅焼牛肉麺」と、透明スープの「清燉牛肉麺」の2種類が代表的。どちらもじっくり煮込んだ牛肉とスープ、麺の相性が抜群です。お肉は、牛筋や内臓系を使ったものもあります。

牛肉麺のお店は数え切れないほどありますが、一杯のボリュームはそんなに大きくありませんので牛肉麺店のハシゴもいいかもしれません。

  • 芒果冰(マンゴービン)

マンゴーの季節に台湾に行くなら絶対食べたいマンゴーのカキ氷!今や台湾名物でしょう。街のあちこちで食べることができますが、季節を外すと別の果物に変わります。

どうしても芒果冰が食べたければ4月から10月くらいがいいと思います。

  • 臭豆腐(ツォウドウフー)

字面が強烈なこちら。鼻をつく独特のにおいは、「くさい」と感じる人と「いい香り」と感じる人に分かれますがここは勇気を振り絞って食べてみましょう!一度食べたらハマってしまった!なんて人も多いようです。

初心者には比較的においが控えめな「揚げ」がオススメですが、炭焼き、蒸したもの、麻辣(マーラー)など食べ方の種類は多様。付け合せのキャベツの酢漬けと一緒にいただきます。さあ、勇気を出して!

ホテルでも地元グルメ

台湾に限らず、旅先のローカルなスーパーで現地の人に紛れて食材や生活雑貨を物色するのも旅の醍醐味です。ミニキッチンなどがあるホテルを除いて、肉や魚の調理は難しいですが、日本ではなかなか食べることのできない果物や地酒などはホテルの部屋でも楽しむことができます。

屋台のお惣菜をおつまみにして台湾ビールを楽しんだり、マンゴーやライチなどの果物を買い込んでみるなど、ホテルの部屋でも台湾を楽しんでみてくださいね!

おわりに

今回紹介した以外にも、台湾にはB級グルメが盛りだくさんです。いろんなグルメに挑戦して、あなたのベストグルメを見つけてくださいね。

そして旅の荷物には、身の回り品のほかに「強靭な胃袋」をお忘れなく!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。