\ フォローしてね /

まわり将棋の遊び方

このライフレシピのもくじたたむ

昔、近所の子たちと一緒にまわり将棋でよく遊んでいたことがありました。ここではローカルルールも多いまわり将棋について話そうと思います。ローカルルールに関しては著者が遊んだものを紹介したいと思います。

基本ルール

上の写真は4人対戦スタート時の状態です。3人でやる場合は駒のどれか1つを省き、2人の時は、駒が対角線上になるようにします。

各プレイヤーは各々の駒を操作し、駒を進めてかど(上の写真で駒があるところ)にぴったりとめることができたら、駒の位が上がります(歩→香→桂→銀→角→飛→王)。

駒は金将4枚盤上に振ってその出方によって進めます。表(「金将」と書いてある方)が出たら1、裏(何も書かれていない方)がでたら0とカウントします。ただし、全部裏だったら20進めます(ローカルルールによっては違うところもあります)。

写真のような、左の状態は5、真ん中の状態は10、右の状態は20とカウントします。

ローカルルール

ルール1:あがり方

まず、あがり方ですが王将となり、上の写真のようにかどから対角線をぴったり一往復できればOKです。

ルール2:金将で山が出来てしまった場合

また、駒の動かし方ですが、上の写真のように山が出来てしまった場合は「うんこ」と呼び、出た目分下がります。写真の場合は2後退します。どんなに大きい目が出ても、かどまでしか下がれないルールですが、かどまで下がってしまうと駒の位が下がります。

ルール3:金将が盤の外に出てしまった場合

上の写真のように駒が盤の外に出てしまった場合は「しっこ」と呼び、盤上の駒の状態に関わらず進むことも戻る事もできません。

ルール4:駒と駒が並んでいる場合

上の写真のように駒と駒の間が1マスもないときは、前の駒が1歩前進し、後ろの駒が1歩後退します。

ルール5:駒と駒が重なっている場合

重なっているときは出た目の数分、自分だけ動かしてもいいし、相手も一緒に動かしてもかまいません。

実戦

ケース1

いま、あなたと相手が盤上で上の写真のような位置におり、これから相手が金将を振る番です。相手が1を出せばあなたはガッツポーズをするでしょう。

ローカルルールにより、あなたは1歩前進し、相手は1歩後退してさらに駒の位が下がるわけですから。

ケース2

いま、あなたと相手の駒が盤上で上の写真のように重なっており、これからあなたが金将を振る番です。あなたは1を出せばガッツポーズをするでしょう。

あなたの駒だけを1進めれば、ローカルルールにより、あなたは1歩前進し、相手は1歩後退してさらに駒の位が下がるわけですから。

ただ、あんまりやりすぎると友達を失くしてしまうかもしれないので、ほどほどにしておきましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。