\ フォローしてね /

離乳食の後期に!じゃがいもとツナを使ったお焼きの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

9~11ケ月ごろになり、離乳食後期に入ると、自分で手づかみして食べたがるようになります。

そんな時期にピッタリな離乳食、「じゃがいもとツナのお焼き」の作り方を紹介します。

材料

  • じゃがいも・・・50g
  • ツナ缶・・・5g
  • 片栗粉・・・小さじ1
  • サラダ油・・・適量

作り方(調理時間 約15分)

STEP1:じゃがいもを切る

じゃがいもは皮を剥き、一口大に切って5分ほど水にさらします。

じゃがいもは小さめに切った方が、火の通りが早いです。

STEP2:じゃがいもを茹でる

じゃがいもを柔らかくなるまで5~6分、しっかり茹でます。

STEP3:じゃがいもを潰す

じゃがいもが柔らかくなったら、水気を切り、熱いうちに潰します。

STEP4:汁気を切る

ツナ缶の汁気をしっかりと切ります。

油分の多いツナ缶の場合は、一度熱湯をかけて油抜きをしましょう。

STEP5:混ぜる

STEP3のじゃがいもに、STEP4のツナと片栗粉を加え、まとまりが出るまで混ぜます。

STEP6:成形する

粘土状にまとまったら、一口サイズに丸く平たく成形します。

STEP7:焼く

フライパンにサラダ油を熱し、STEP6を焼きます。中火で片面あたり1分ほど、両面にこんがりと焼き色が付くまで焼いてください。

完成!

手に持ちやすい形なので、手づかみ食べの練習にピッタリな離乳食です。

調味料も使っていませんし、じゃがいもでお腹が膨らむのでおやつにも良いレシピですよ。

ぜひ、お試し下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。