\ フォローしてね /

チェコの美味しいスイーツ紹介

チェコは独立するまでオーストリア帝国の街だったので、ウィーン同様カフェ文化が根付いています。

チェコ旅行では、素朴な味のチェコのお菓子やスパイスやナッツの効いた伝統のお菓子に出会いました。現地で食べた感想とともにチェコの美味しいスイーツをご紹介します。

著者の渡航歴

11月に1度、プラハとチェスキークルムロフを観光で訪れました。

おすすめチェコスイーツ3選

チェコ風アップルパイ(Apple strudel)

チェコの伝統的なお菓子の一つです。日本のアップルパイと異なり、パイ生地ではなくクレープのような生地にリンゴ、干しブドウ、ナッツがたくさん詰まっています。

シナモンが効いていて大人向けの味かもしれません。アップルパイ自体は甘さ控えめで、チョコレートとカスタードのようなソースがかかっていました。コーヒーとの相性抜群です。

写真はプラハ城内のカフェで頂いたApple strudelで125コルナでした。市内のカフェだともう少しお安いかもしれません。

パラチンカ(Palacinka)

パラチンカまたはパラチンキと呼ばれるクレープ風のお菓子です。チェコだけでなく、クロアチアやハンガリーなど東欧諸国で人気のお菓子だそうです。

こちらは生クリーム、チョコレート、フルーツが添えられています。生地は日本のクレープと変わりませんが生クリームはそれほど甘くありませんでした。とにかくボリューム満点で、2人で食べてもお腹いっぱいになりました。

トゥルデルニーク(Trselnik)

甘く香ばしい香りに誘われ、見つけたのがチェコ伝統のおやつトゥルデルニークです。小麦粉でできた生地を丸いパイプに巻き付けて焼き、砂糖やナッツ、シナモンで味付けしています。

焼いているところはバームクーヘン見たいです。食べてみると外はサクサク、中はもっちり、菓子パンのような感じです。

プラハはもちろん、世界遺産の街チェスキークルムロフでも販売していました。店先や屋台で、1個200円~250円で販売しているので、食べ歩きにもぴったりな一品です。

チェコへ旅行する人にアドバイス

チェコのスイーツは比較的、日本人にも馴染みやすく食べやすい味です。全体的に大きくボリューム満点、クリームやソースたっぷり(特にパラチンカ)なのでシェアしながら楽しむのも方法かと思います。

中世の街並みの中味わうチェコスイーツは格別です。カフェ巡りやスイーツ食べ歩きも、観光プランに組込んでお楽しみください。

おわりに

是非参考にしてみてくださいね!

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。