1. 料理
    2. 凍らせてから作る我が家の梅酒レシピ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    凍らせてから作る我が家の梅酒レシピ

    筆者は数回梅酒を作ったことがあります。家で作った梅酒は添加物なしで安心ですね。我が家流のレシピをご紹介します。

    分量

    作りやすい分量です。砂糖や梅の量はかなり適当でも大丈夫です。

    梅は黄色くなった完熟のものを使うと、よい香りに仕上がります。ただ熟しすぎていると腐る原因にもなります。青い梅でも十分おいしく仕上がります。

    • 梅 1kg
    • ホワイトリカー 1.8L
    • 砂糖 500g程度
    • ブランデー 100mL程度
    砂糖は氷砂糖の方が良いようですが、普通の白砂糖でもOKです。

    STEP1:梅を洗い、ヘタを取る

    まずは流水で梅をよく洗います。泥などが残っていないよう、よく洗いましょう。

    そして、ヘタを取ります。爪楊枝で簡単に取れます。ヘタが残るとグラスにヘタが入ってしまうことがありますので、丁寧にとりましょう。

    STEP2:冷凍する

    ここでいったん梅を冷凍します。

    冷凍することで組織が壊れやすくなり、エキスが早く出るようになります。

    洗って乾かした後、ビニール袋に入れて冷凍庫に入れます。中まで完全に凍るように丸1日以上冷凍庫に入れておきましょう。

    STEP3:容器に入れる

    容器はよく洗います。プラスチックの容器の場合、熱湯消毒するとよいでしょう。ガラスの容器の場合は、消毒用アルコールなどを使うとよいと思います。

    よく洗った容器に凍った梅と砂糖を交互に容器に入れていきます。

    凍った最後に上からホワイトリカーとブランデーを注ぎます。

    ガラスの容器を熱湯消毒すると割れることがあります。
    ブランデーを入れることで香りがよくなります。なければホワイトリカーだけでも構いません。

    STEP4:梅が解凍するのを待つ

    凍った梅が入っていますので、しばらく容器の周りに水滴がたくさんつきます。戸棚などに入れずに目につくキッチンの台などに置いておき、ときどき容器を振ります。

    常温になり容器に水滴がつかなくなるまで、2日くらい出しておくとよいでしょう。

    STEP5:1カ月後から飲めます

    そのまま冷暗所に保存して、ときどき容器を振って砂糖を溶かします。

    梅を一回凍らせていますので、1カ月後くらいから飲むことができます。でもやはり2~3カ月後の方がおいしく飲めると思います。

    終わりに

    こちらの画像は、約7カ月後の梅酒です。琥珀色の液体になっておいしくいただいています。

    容器と梅、ホワイトリカー、砂糖だけで大した手間もかからずおいしい梅酒ができます。ぜひお試しください。

    (photo by 足成)

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人