\ フォローしてね /

猫の便秘、少しだけなら牛乳を試してみても

猫も便秘をしてしまうことがあります。そんな時、獣医さんのアドバイスも参考にして、我が家でしていることを紹介します。

我が家の猫にしている便秘解消法

1.運動を手助けする

室内飼いをしていると、どうしても運動不足になってしまいがちです。我が家の猫は、便が出づらい時は、おなかに不快感があるからだと思いますが、イライラして自ら走り回ることがあります。それで解決する場合は良いのですが、まだ出ないようなら、著者も運動の手助けをしています。

我が家では、リボンやヒモを用意して、これの端っこを持って歩きまわったり、走り回ったりすると、猫が走って追いかけてきます。運動不足解消のための、一番お気に入りの方法です。飼い主も運動になって、一石二鳥です。

2.牛乳を飲ませる

初めて便秘の症状に気づいた時は、著者は慌てて動物病院へ行ったのですが、おなかを触って獣医さんは、「牛乳を飲ませると良いよ」と言って、特に薬などはもらいませんでした。

著者は、猫に牛乳を飲ませるとお腹を壊すと思っていたので、意外かつ不安もあったのですが、帰って早速、少しだけお皿に入れて猫に差し出してみました。すると、おいしそうに飲んでいて、間もなくトイレに行き、たまっていた便を出していたので、ビックリしました。

心配な場合は、猫用のミルクが売っているので、それにするとなお良いと思います。

それでも解消しない時は獣医さんに

獣医さんも、牛乳を飲ませて様子を見て、ダメだったらまた翌日来るように、と言っていましたので、やはり運動したり牛乳を飲ませても、お腹が張っているようでしたら、獣医さんに行った方が良いでしょう。

猫によっても、毎日排便する子もいれば、2日に1回の子もいますので、猫がどのくらいのペースで排便をしているのか、普段からチェックしておくと早期発見が出来、早めに運動などの対策が出来ます。
おなかの柔らかさも、健康な時に触ってチェックしておくと、便が溜まっているかどうか、判断の手助けになります。

おわりに

体調に異変があっても、口に出すことが出来ない猫のことは、飼い主がよく気をつけてあげたいものです。そのためにも、普段の様子をよく見ておき、異変に気づいたら早めに対処して、不快感を取り除いてあげたいですね。

また猫は、獣医さんに連れて行くととても嫌がる子が多いと思いますので、なるべく家で出来ることはしてあげて、便秘が解消できると良いと思います。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。