\ フォローしてね /

手軽に付け合わせが完成!ブロッコリーの保存法

このライフレシピのもくじたたむ

チキンソテーなど、ちょっとした付け合わせにも手軽に使えるよう、あらかじめ火を通してブロッコリーを保存する方法をご紹介します。

用意するもの

  • ブロッコリー
  • 塩 少々
  • 油 少々
  • 水 30cc
  • 厚手の鍋
  • 保存容器

作り方

STEP1:ブロッコリーを切る

軸と房に分けます。

房を小房にバラすように切ります。

流水で洗います。

STEP2:蒸し煮にする

厚手の鍋に、ブロッコリーを入れて、油と塩を一振りし、水30ccを入れます。

蓋をして、中火にかけ鍋が温まったら弱火にして1分、蒸し煮にします。少し固めに仕上げるのがポイントです。

短時間で水が蒸発しきる前に仕上げる(火を止める)前提ですが、鍋の大きさや厚みによっては注意が必要です。

今回は直径16cmの鍋を使用しています。

STEP3:保存容器に入れ冷蔵庫にて保存する

約1週間で使い切れる量を目安にして、保存しましょう

おまけ

ブロッコリーは、軸も美味しく頂けます。火の通りが早いのでそのまま炒め物などに使うとよいでしょう。周りを厚めに切り落とし、中の少し透き通った部分が、火を通すとホクホクで甘みがあります。

食べられる部分の切り分け方

一房からは、ほんの少しだけですが、捨てていた方は是非食べてみてください。とっても、美味しいですよ。

おわりに

茹でるよりも、水っぽくならず長めに美味しい状態をキープできる保存方法です。あらかじめ火が入っている事で、少し彩りに緑が欲しい時など、すぐに使えて重宝します。ぜひ、日々の献立にご活用ください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。