1. 料理
    2. タッパがなくても出来る!豆腐の冷蔵保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    タッパがなくても出来る!豆腐の冷蔵保存方法

    ヘルシーで安く、栄養の豊富なお豆腐は家計の味方です。買ってきて、全て食べきれれば一番いいのでしょうが、なかなかそうもいかないときもありますよね。

    残った豆腐ってどうすればいいの?という方に、豆腐の冷蔵保存の方法をご紹介します!

    用意するもの

    • 豆腐
    • ボウル
    • ラップ
    • 塩ひとつまみ

    やり方

    STEP1:ボウルを用意する

    豆腐の大きさに合わせた少し大きさに余裕のあるボウルに、豆腐が崩れないようにそっと入れます。

    STEP2:水を入れる

    豆腐が隠れるまで水を入れます。

    STEP3:ラップをする

    空気に触れないように、きっちりとラップをして冷蔵庫へ。

    水を毎日買えることで、冬場ですと2~3日は日持ちするそうです。

    ポイント

    このとき、塩を水に塩をひとつまみほど入れると、水の洗浄効果があるそうです。

    注意

    水を替える際、良く洗った清潔な手で扱い、雑菌を増やさないことが大事です。

    おわりに

    この方法で賞味期限まで保存出来ますが、日が経つにつれ、豆腐の栄養や風味が水に溶け出して、味が落ちていきます。

    実際一日置いたところ、豆腐のうまみ成分が出るのか、水が黄色っぽくなっています。

    やはり、なるべく早めに食べるのが一番ということですね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人