\ フォローしてね /

棒針編み「引上げ目」の編み方

バレンタインデーに、彼へセーターやマフラーをプレゼントしたい方はいませんか?ここでは、メンズものによく使われる「引上げ目」の編み方を説明します。

必要なもの

  • 編みたい毛糸
  • 棒針 2本
毛糸玉には、糸の太さに適した針の号数(数が大きいほど太い)を示した紙が巻いてあります。それを参考に針の太さを選んでください。

「引上げ目」の編み方

記号

真ん中の逆U字の形が「引上げ目」の記号です。ここでは3段にかかる目で説明しますので、記号図も3段にかけて書いてあります。

形式

筆者の編み方はアメリカ式です。右の人差し指に糸をかけて編んでいきます。

(1)編みながら引き上げる

STEP1:編み始め

これから操作していきます。この段は緑色で編んでいます。

引上げ目が何段にかかっていても、一番下の段は普通に編みます。この場合はピンクです。

STEP2:糸をかける

右の針に糸をかけます。

STEP3:目を移す

そのまま、左の針の目に右側から針を入れて、目を移します。

STEP4:下の段のピンク色が引き上げられているのを確認

次の目を編むと、こうなります。下の段のピンク色が引き上げられています。

STEP5:次の弾を編む

次の段です。この段は青の糸で編んでいます。

2段下のピンク、1段下の緑の2本を、右側から針を入れて移します。針先には糸をかけます。

STEP6:次の目へ

糸をかけたまま、次の目を編みます。

STEP7:目を編んだ様子の確認

次の目を編み進んだ様子です。

STEP8:三段まとめて引き出す

3段下のピンク、2段下の緑、1段下の青、3本まとめて手前から針を入れ、糸をかけて引き出します。

この段は、引上げ目の記号の上の段です。この段を編むことによって、引上げ目は完成します。

STEP9

出来上がりです。

(2)あとから引き上げる

STEP1:普通に編む

記号のかかっている段数を全部、普通に編んでいきます。ここでは、ピンク、緑、青と編みました。

STEP2:記号の1目手前で一番下の目に針を入れる

記号の上の段での操作です。記号の1目手前まで来たら、記号の一番下の目に針を入れます。ここではピンクです。

STEP3:糸を引き出す

糸をかけて引き出します。表目を編みました。

STEP4:糸を外す

左の針に残っていた糸をはずして、ほどきます。青と緑の糸がほどかれます。

STEP5:完成

出来上がりです。

どちらのやり方も、見た目の仕上がりは変わりません。筆者の実感としては、(2)で編むとゆるめに仕上がるように思います。

上手に編むポイント

(1)のSTEP2で、針に糸をかけるのを忘れると、滑り目の技法になります。下の段を引き上げるのは一緒ですが、立体感が違ってくるので注意してください。

おわりに

引上げ目を使ったゴム編が、イギリスゴム編と呼ばれます。編み地に厚みが出るので暖かく、きっと編んだ人の気持ちも伝わります。チャレンジしてみてくださいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。