\ フォローしてね /

余ってしまったコーヒーはコーヒーキューブに!自分で淹れたコーヒーを保存する方法

コーヒーを淹れたら中途半端に余ってしまった・・・なんて経験はありませんか?コーヒー好きの著者はコーヒーを淹れすぎてしまい、飲みきれず残ってしまうことがよくあります。

そんな時の保存方法をご紹介します。

用意するもの

  • 余ったコーヒー
  • 製氷皿
コーヒーは注ぎ口のある容器に移しておくと作業しやすいです。

余ったコーヒーの保存方法

STEP1:製氷皿にコーヒーを注ぐ

余ってしまったコーヒーを製氷皿に注ぎます。

熱いコーヒーは冷ましてから注ぎます。

STEP2:ラップをかける

製氷皿にラップをしておくと、冷凍庫の匂い移りが防げます。

STEP3:冷凍する

冷凍庫で凍らせてコーヒーキューブの完成です!

おわりに

画像のようにグラスいっぱいにコーヒーキューブを入れてミルクを注ぐと、濃厚アイスカフェオレとして楽しめます。コップに入れて電子レンジにかければホットコーヒーの出来上がり!(ホットコーヒーは淹れたての風味には劣りますが・・・)

カレーなどお料理の隠し味にもポンッと使えて便利です!

ぜひ試してみてください!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。