\ フォローしてね /

5分で学べる!国語・文法「可能動詞」の学び方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

まずは、実力チェック問題から。

【問題】 次の動詞の中で、「可能動詞」になれるものをすべて選びなさい。
    (1) 「飛ぶ」 (2) 「来る」 (3) 「見る」 (4) 「食べる」 (5) 「話す」

いかがですか。自信を持って答えることはできましたか。下記の文章を読めば、5分で理解することができると思います。一緒に学びましょう。

「可能動詞」とは

「可能動詞」の意味

「可能動詞」には、「読む」に対する「読める」や、「話す」に対する「話せる」などがあります。いずれも、「~することができる」という意味を含んだ動詞のことです。

「可能動詞」の語源

もともと、「五段活用」の動詞に、助動詞「(ら)れる」がついて、そこから転じて「可能動詞」ができたと言われています。

(例) ・「話す」+「られる」=「話される」⇒「話せる」
    ・「飛ぶ」+「られる」=「飛ばれる」⇒「飛べる」

なので、すべての「動詞」が「可能動詞」になれるわけではありません。

「可能動詞」は、「五段活用」の動詞からしか作れない!

下記の「動詞」に対する、「可能動詞」を考えてみましょう。

  • 「言う」(五段活用)・・・・⇒「言える」(可能動詞

  • 「読む」(五段活用)・・・・⇒「読める」(可能動詞

  • 「見る」(上一段活用)・・・⇒「見れる」(可能動詞ではない!

【※「れる」は助動詞】

  • 「食べる」(下一段活用)・・・⇒「食べれる」(可能動詞ではない!

【※「れる」は助動詞】

  • 「来る」(カ行変格活用)・・・⇒「来れる」(可能動詞ではない!

【※「れる」は助動詞】

「可能動詞」の活用は、「下一段活用」

(例)「話せる」(可能動詞)の活用

  • 「話ない」 (未然形)
  • 「話ます」 (連用形)
  • 「話せる。」  (終止形)
  • 「話せること」(連体形)
  • 「話せれば」 (仮定形)
  • 「(なし)!」  (命令形)
「可能動詞」の活用は、すべて「下一段活用」となり、「命令形」はありません。

おわりに

最後に、最初の問題の答え合わせをします。

【問題】 次の動詞の中で、「可能動詞」になれるものをすべて選びなさい。
(1) 「飛ぶ」 (2) 「来る」 (3) 「見る」 (4) 「食べる」 (5) 「話す」

どうですか。分かりましたか。これらの「動詞」の中で、「可能動詞」になれるのは、「五段活用」の動詞のみです。「五段活用」の動詞は、(1) 「飛ぶ」と、(5) 「話す」の2つだけです。したがって、答えは、この2つとなります。

ここまで、細かい問題は試験にはほとんど出ないとは思いますが、ここまで理解していれば、自信をもって臨めると思います。あとは自身の問題集と使って、練習してみて下さい。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。