\ フォローしてね /

無理なく簡単貯蓄で備えあれば憂いなし!【体験談】

貯蓄は、使う目的がなくてもしておくもの。備えあれば憂いなしです。何より大切なことは、無理なく続けること。とはいっても何からやったら良いのやら。

しかし、収入も支出も抱えているローンも人それぞれ。毎月可能な貯蓄額も異なるかと思います。ここでは、貯蓄のヒントになるようなことをいくつかご紹介します。

まず大前提として、お金を引き出すのは月に一度。給料日後に決まった金額を引き出しましょう。クレジットカードは使用せず、基本的に現金のみが良いでしょう。

自分の収支を見直す

筆者は家計簿をつけることは面倒臭くてやっていられないと思っていたため、中々お金の管理ができませんでした。そんな方も少なくないのではないでしょうか。

筆者の場合は、楽して自分の収支を知ろうと思い、買い物をするたびにレシートを必ずもらい毎晩一日1ページを使ってノートに貼付けていました。仕上げに、ノート上の余白に赤いペンでその日に使用した総額を記載しました。

一目瞭然

領収書がお財布にパンパンになる日は遣い過ぎたと思えるし、一日1ページで遣った金額がわかるので一ヶ月見返していつ遣いがちかなどが明確。

リズム

一日の終わりにちょっとの時間を遣う作業なので、生活にリズムができます。作業も簡単なので、続けられます。

貯蓄につながる第一歩

毎晩貼るのが面倒臭いなと思ったら、1円も遣わない日もできてきます。これこそが貯蓄につながる第一歩です。

1日やらないと、レシートが溜まって作業が増えます。2日だと当然もっとです。続けるためには細く長くです。
意外と使っていますが、電車賃などをICカードで支払うとレシートがありません。交通費などは携帯電話にメモしておくことをおススメします。また、レシートがもらえなかった場合も同様に対処しましょう。

【強制型貯蓄】

お金は、あるから遣ってしまうのです。だったら知らぬ間に別枠で貯めましょう。そこでおススメなのが、「自動積み立て」です。

筆者の場合、給与振込口座と同一金融機関で別口座を作成しました。毎月給与振込日に8万円を別口座に自動振替、積み立てされる手続きをしています。ボーナス賞与がなく毎月の給与が高額なため可能ですが、通常1〜3万円程度で無理なくが良いかと思います。

東京三菱UFJ銀行では積み立て日が指定でき、金額も1万以上で指定が可能でした。

自動積み立て手続きは最初の一度だけなので、やってしまえばあとは勝手貯蓄ができます。筆者は平日に銀行窓口で手続きしましたが、三菱東京UFJではネットバンキングで手続きも可能なようです。詳細は予定の金融機関にお問い合わせください。

勝手に貯まっている

最低限これをやっておけば毎月定額の貯蓄は可能です。

動かしづらい

口座からの引き出しは、窓口での手続きが必要です。本当に入り用ならば手続きをするでしょうし、面倒だと思えば貯蓄継続です。

給与振込日が土日祝日の場合「振込は前倒し」ですが「振替は後ろ倒し」です。給与振込後、振替前なので給与口座にお金がたくさんありますが、この場合そのお金は数日以内に振替予定です。
財形貯蓄にしなかったのは、基本的に退職時一括支払いなど条件があり、気軽に遣えそうになかったためです。また、手続きをすればできたかもしれませんが「いざという時」の理由を会社に知られると、その後も居続けるのが難しくなると困るなど色々考えた結果、外部機関で積み立てをするのが良いと考えました。

【おこぼれ貯蓄】

いわゆる500円玉貯蓄です。お釣りで出た500円玉を遣わず毎日帰宅後に好きな容器に入れて貯めます。

最初が肝心で、ちょっと貯まるまでは辛抱です。人は何らかの目的があった方が達成しやすいので、遣わないように意識するとすぐに貯まります。

筆者は開閉が容易な可愛い缶に貯めています。たまに500円玉を出して数えて、思ったより貯まっていると嬉しくなります。最初は何気なく貯め出したのですが、そのうちゲーム感覚で貯めるのが楽しくなりました。その気になれば、1年で5万円は余裕で貯まります。

20枚で1万円!

500円玉は1枚が高額なので、数枚で結構な金額になり気付かないうちに意外と貯まります。

お財布の紐が締まる

お札を使うと500円玉は出やすいですが、お札ばかり使うとすぐにお財布が空になります。減りが早いとお金を使った感覚になり、無意識に出費を抑えるようになり段々と無駄遣いが減ります。

小銭を使う

お会計時、500円玉以外の小銭できっちり払えた時のスッキリ感がたまらず、何とかしてお財布の中の小銭の範囲内の商品を選んだりするようになります。お陰でお財布もスッキリ。

小銭がないと場合によっては使わざるを得ない場面に出くわすので、ついお財布にある500円玉を使ってしまいがちです。使わないクセをつけておくと、次第に使わなくなります。

【保険型貯蓄】

今すぐに自分のお金としては使えません。最初は元手がなくなりますが、投資のようにいずれ自分に返ってきます。

今は、生活様式も多様化が進んでいるため、保険にもさまざまなものが売り出されています。興味を持って探してみると、自分に合ったお得なものがあるかもしれません。

個人年金

今は支払っていますが、60歳になったら毎月定額がもらえます。控除の対象とするために、数口申し込んで年間12万円を超える支払いをしています。そのため、毎年保険会社から年末に送られてくる「掛金払込証明書」を会社の年末調整で申請すると、控除があります。

終身保険

掛け捨てではなく、自身の死亡時に身内が200万円を受け取れるように一度に100万円近くを支払いました。

今は解約しても損をしますが、そのうち解約すると最初の掛金が年齢に応じて115%、130%…と利率が上がってから返金できます。また、60歳になったら自分の医療保障、個人年金、介護保険などに変更も可能です。金融機関の定期預金の利率が低い今、使う予定がないお金は口座に眠らせるより自分の将来のために増やします。なお、この保険も最初の5年間は年末控除の対象です。

今の若いうちにやっておけば、将来的に自分に大きくプラスになって返ってきます。忘れた頃に人生のボーナスをもらえます。今の支出を少しでも減らすことができますのでやっておいて損はありません。
自分のお金ですが、すぐに動かすことのできないお金です。いざという時、そう簡単に遣えません。最初によく考えてから申し込みをしましょう。

年末調整の控除の手続きを忘れると、せっかくの控除の意味がありません、注意しましょう。

筆者の結果

筆者の場合、積み立てが毎月8万円、生活費は10万円ちょっとです。給料日後に12万円を一括で引き出し、その中で食費、光熱費、交際費、保険料、雑費などを全てまかないますが、苦痛だと思ったことはありません。

また、最低でも1週間に500円玉を2枚貯めたとして、1年間に48週間貯めたとすると少なくても4万8,000円となります。

  • 8万円×12ヶ月=96万円
  • 500円×2枚×48週=4万8,000円

実際には毎月のお金もあまりますし、500円玉ももっと貯まります。つまり、筆者の場合は1年間で100万円の貯蓄が可能です。

アドバイス

まずは自分が「いつ」「何に」「いくら」お金を使っているかを知ることから始めると良いでしょう。

逆算がカギです。自分の収入から必ず出ていく家賃や光熱費、食費などを概算し、給与から引きます。それから毎月貯蓄できる金額×12ヶ月で年間可能貯蓄額を概算し、それらを基準に無理なく是非始めてみてください。また、強制貯蓄は必須だと思います。筆者はダメな自分の砦と思って始めましたが正解でした。それでも多少のゆとりはあるので、急な寿出費も無理なくやりくりできますよ。

ただし、「貯蓄が趣味」という人にはならないように注意が必要です。日々が充実しているからこそ、その貯蓄にも意味があるし満足感を得ることもできるのではないでしょうか。

金銭的な無理は、心のゆとりも失いがちです。無理なくやりましょう。

おわりに

目的なくとも貯蓄をすることは良いことです。いざ目的ができた時、素早く行動に移すことができるからです。

大金でなくでも良いので、毎月コツコツと細く長く、続けることが大切です。継続は力なり。素敵な女性は貯蓄すら楽しんでこなすものです!

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。