\ フォローしてね /

路地を歩こう!神楽坂散歩

神楽坂の裏路地を歩いていると、お昼の支度なのか老舗の料亭あたりから出汁のよい匂いが漂ってきました。

それは足元の美しい石畳と黒塀とよくマッチして、街の粋な情緒を感じられたような気がしました。

旅行の詳細

2012年11月、半蔵門のホテルに一泊しての夫と二人旅でした。一日目は私用があったため二日目の日中のみ観光をしました。

神楽坂への行き方

東京メトロを使う

宿泊したホテルで東京メトロの一日乗り放題券を販売していました。600円で乗り放題です。

ホテルからは半蔵門線→東西線と乗り換えて、飯田橋駅で下車しました。

飯田橋駅神楽坂駅が最寄り駅となります。

神楽坂について

神楽坂には迷路のように小路がめぐらされています。そんな美しい石畳の裏路地を歩けば、趣ある老舗の料亭を発見してかつての花街の情緒を感じたり、いい雰囲気のフレンチレストランや雑貨屋さんを見つけることができるでしょう。

「神楽坂」という通りは一般的な商店街です。そこから路地に入って行くと楽しみが広がっていきます。

楽しみかた

細い細い路地

「ここ通って大丈夫なの?」と思うくらい細い路地でも、入ってみると奥に道がつながっていて、思いがけなく趣のある通りに出たりします。

外国の雰囲気も

飯田橋駅から外堀通り沿いに歩くと、東京日仏学院があります。ここではフランス語の本を扱う本屋さんやブラッスリーがあり、小さなフランスを感じることができます。

東京日仏学院ウェブサイト

ランチはカジュアルなお店で

敷居の高そうなお店ばかりでなく、ランチが2,000円以下で食べられるお店もありました。歩きながら探してみましょう。

注意点

名前の通り坂の街です。あちこちたくさん歩いてこそ楽しい場所なので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

おわりに

散歩が好きな人には特におすすめのスポットです。ぜひ、石畳の街を歩いてみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。