\ フォローしてね /

ギターコードの覚え方

ギターを演奏する際に、特定のフォームで指板を押さえて和音を鳴らします。

これが「ギターコード」を用いた奏法で、様々なコードを覚えればギターでの和音奏法や伴奏などが可能になります。

ここではギターコードの種類と覚え方、そして、そもそも「コードとは何か?」を加えて解説します。

コードとは?

まず「コード」とは何か?ですが、「Chord」という言葉が持つ意味通り「弦」や「和音」を指します。音楽用語として使う場合は「和音」となり、2つ以上の複数の音の重なりの意味です。

「ギターコード」だと、6本ある弦の特定の箇所を押さえて和音を鳴らす「和音の呼び名」です。

例えばギタリストに「Cのコード」と伝えると、和音の呼び名である「C」からコードを理解し、音階のド、ミ、ソ、から成り立つ和音を奏でます。

コードの名称

コードの名称は様々あり、「C」「Aマイナー」「Gセブンス」「Bマイナーセブンスフラットファイブ」などなど、一言で済むものもあれば、なんだかややこしい暗号の様な呼び名のものもあります。(譜面上の表記は、上記の写真をご覧ください。)

これらは、アルファベットや英語が混じって覚え辛い印象を受けますが、ひとつひとつバラして理解すると意外と簡単です。

それにはまず「ドレミファソラシド」を「CDEFGAB」に置き換えてまず覚える必要があります。(C=ド D=レ E=ミ.....B=シ)
これは、ギターコードの表記の最初のアルファベットは、その和音のボトム(一番低い音)を指している為です。
ここを最優先で理解しておくと、後に続く「マイナー」や「セブンス」などは、構成音の変化とパターンとで捉える事が出来てとても覚え易くなります。まずはコードの一番低い音から!

コードの種類と和音構成(「A」のコードを例に )

1.Aメジャー(A)

「A」のコードを例に、和音の種類からコードフォームまで一緒に見てみましょう。(上記の写真が基本的な「A」の押さえ方です。)

Aを起点にした3声音から成り立つコードです。(正確には「Aメジャー」といいますが、3声音構成のコードの場合は「マイナー」と後についていなければ「メジャー」なので、略されて呼ばれますメジャーとは長調を指し、マイナーは短調を指します。)

この3声音のうち、2弦を小指で押さえている音が「メジャーかマイナーか」の役割の音です。

2.Aマイナー(Am)

「A」を短調にしたものを「Aマイナー」といいます。

以下のように、2弦を押さえている音を半音下げると短調となり「Aマイナー(Am)」のコードになります。

ちょっと暗い雰囲気の響きです。

3.Aマイナーセブンス(Am7)

こんな調子で、今度は3弦を押さえている薬指を離すとまた別のコードになります。

Amのコードの和音に、3弦がセブンスの音になったので「Aマイナーセブンス(Am7)」です。

暗さに切なさが加わった様な響きです。

4.Aセブンス(A7)

そこから3弦はそのままにして、2弦を押さえている指を戻してみます。

マイナーの役割の音を押さえた指を、またメジャーの音の位置にしたので「Aセブンス(A7)」のコードになります。

ちょっと落ち着かない感じの響きです。

こんな感じで、押さえている指の弦がどの役割をしているかをふまえてフォームを変えていくと、音の変化と共に「コードの名前の意味まで理解出来る」為、覚えるのが非常に早くなります。

「A」の例を他のポジションで応用

STEP1:低音のフレットの位置を変える

「A」の場合はボトムの音が5弦の開放弦(位置的には0フレット)でした。ボトムの音を「C」にしたい時は5弦の3フレットがCの音ですので、この形になります。

あとは「A」の例でやった様に、各役割の音の指を変えていけば「Cm」も「Cm7」も「C7」も迷わず押さえられます。

「Cm」のフォーム

そのままの形でフレットを2つ手前にもっていけば「Dm」、もう2フレットもっていけば「Em」と、形としてコードを覚えてしまえば後はそんなに難しくありません。

STEP2:基本フォームを変える

指で押さえているフォームを変えて、またそのままフレットの位置をずらしていきます。

この形では6弦の音が3フレットのGなので「G」のコードです。

中指を離す形をとれば、マイナーになります。(Gm)

小指を離す形であれば、セブンスになります。(G7)

フォームを維持したままフレットの位置を変えれば、別のコードが鳴ります。

例) 上記の小指を離したフォームで3フレットから8フレットへ移動すると「G7からC7」となり、この2つのコードを繰り返すだけでもブルースっぽい感じが味わえます。

おわりに

以上の様な「基礎的なコードフォームの形」を他にもいくつか覚えるのと、「和音構成が理由のコード名称」を理解するのが、ギターコードを覚える上でのコツだと思います。

形や音数のバリエーションを少しづつ増やしていけば、更なる音楽的展開が望めます。

ご参考になれば幸いです。

(photo by amanaimages)

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。