1. 趣味
    2. 夏の家族旅行は北海道!富良野から旭山動物園へ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏の家族旅行は北海道!富良野から旭山動物園へ

    8月の北海道はベストシーズンですね。筆者の「富良野~旭山動物園」の家族旅行記が、みなさんの参考になればうれしく思います。

    旅行の詳細

    • 家族旅行…筆者、夫、子供2人(中学生と小学生)
    • 時期…8月上旬
    • 日程…3泊4日

    筆者たちは、旅行の2日目に富良野に宿泊し、3日目に富良野をドライブしながら旭山動物園に行きました。その日は旭川に宿泊し、あくる日に旭川空港から帰路につきました。

    • 主な目的…富良野市…ドライブ、旭川市…「旭山動物園」
    • 移動手段…レンタカー

    レンタカーは、出発の3週間ほど前に自宅から予約を入れました。地元の空港の目の前にあるレンタカー会社を利用したので、空港まで乗って行った自家用車は、そこで預かってもらうことができました。

    レンタカーは千歳空港から利用し、北海道旅行中は、ずっとレンタカーで移動しました。

    富良野・美瑛…くもりのち雨 気温20度

    8月上旬は、すでにラベンダーの見ごろは過ぎていたのが残念でしたが、ヒマワリが見ごろとなっていました。

    ラベンダーを過ぎても、花畑はとても美しいです。見ごろの花と場所を花情報でチェックしていきましょう。

    ラベンダーアイスを子供たちが食べました。舌が紫色になり、ちょっとふしぎな味だったそうです。ラベンダーの栽培セットを購入し、自宅の室内で育てています。

    ケンとメリーの木

    1973年に日産自動車「スカイライン」のCMで流れた有名な木だそうです。CMは知らなかったのですが、広い野原に一本の木がそびえていて、気持ちの良い風景でした。

    観光バスから多くの人が下りて、撮影をしていました。

    セブンスターの木

    カシワの木です。1976年のたばこ「セブンスター」のパッケージに使用された木だということです。

    富良野から美瑛にかけて、ドラマやCMで使われた木や風景など、有名な観光ポイントが多数存在します。風景を見るだけでも気持ちが良いものですが、予備知識があったほうが、より楽しめます。

    道路は広く走りやすいです。しかし、車が少ないので、ついついスピードを出しがちです。見通しは良いですが、カーブや細道もあるわりに、標識や信号機が少ない感じがしました。

    動物が飛び出すこともあるようです。安全運転を心がけましょう。

    富良野と美瑛の景色を楽しみつつ、レンタカーで旭山動物園に向かいました。1時間10分ほどで到着しました。

    旭山動物園・・・小雨 気温18度

    夏休み中なので、混んでいました。人気のある動物は列ができていて、30~40分待つという表示が出ていましたが、小雨が降っていたので、見送ることもありました。

    人気がある館・・・ほっきょくぐま館、あざらし館、オランウータン舎は必見です。

    ほっきょくぐまは、陸での姿のほかに、水中で泳ぐ姿も見ることができます。

    筒状の水槽の中を、上がったり下りたりと自由自在に泳ぐアザラシは大人気です。

    陸では、おっとりしてしるペンギンも水中では、すばやく泳いでいて、びっくりしました。ペンギンのもぐもぐタイム(エサの時間)は、すごい人だかりでしたが、前列の高齢のご夫婦が、子供たちに席を譲ってくれました。

    真上にアライグマが!すごいスピードではしごを移動していました。

    旭川動物園は、動物の見せ方に工夫がされていることで有名ですが、本当にありのままの動物の姿が、間近で見ることができ、感動しました。どの動物たちものびのびしていたのが印象的でした。

    動物園自体は、こじんまりとした印象でしたが、それほど歩かずに、いろいろな動物を見ることができるので良かったです。

    食事を取る場所が少ないように感じました。筆者たちはレストランではなく、出店のようなところで、フランクフルトやポテトを食べました。

    夜は旭川市内のビジネスホテルに宿泊し、夕食は、ホテルの近くにあるジンギスカンを初体験しました。あくる日に、旭川空港でレンタカーを返却し、飛行機にて地元の空港へ戻ってきました。

    旅の感想

    食べ物が本当においしかった

    北海道旅行中に食べた、じゃがバター、夕張メロン、ラベンダーアイス、トウモロコシなど、どれも本当においしかったです。特に夕張メロンは、熟してから収穫したものを食べることができ、子供たちがとてもたくさん食べました。

    ジンギスカンは、筆者以外は「柔らかい、おいしい」と喜んでたくさん食べていました。筆者は、肉の匂いがダメでした。

    天候が悪く、肌寒かった

    こればかりは、どうしようもないですが、残念でした。

    アジア人旅行者がとても多かった

    北海道が、アジア人にも人気があるのか、どこに行っても、アジア人旅行者を見かけました。

    旅行雑誌を手にしており、そこに紹介されている飲食店に、アジア人が殺到していて、ある店に入ればアジア人しかいない状態でした。その隣の店は、閑散としていたので入りましたが、とてもおいしかったです。

    これから行く人へ

    8月と言っても、北海道はさすがに涼しかったです。晴天のときは30度近い気温だそうですが、筆者の旅行中は、くもりと雨だったので、気温は20度前後。半袖では肌寒く感じました。

    気温20度を想定して、長袖の上着を用意しましょう。

    折り畳み傘を持参しましたが、子供たちは傘をさしての観光が苦手で、けっきょく、レインコートを2人分買いました。旭山動物園で、レインコートを求める人が多く、最後は売り切れていました。

    雨具もやはり必要。子供はレインコートの方が良いです。
    空いているお店は、雑誌などで紹介されていないだけです。空いていても美味しいという穴場の店がきっとあります。探してみましょう。

    おわりに

    天候が残念でしたが、はじめての北海道旅行は、とてもいい思い出です。筆者たちにとっては、そう何度も行けるところではないのですが、みんな毎年行きたいと言っています。

    皆さんの旅も、すばらしいものになりますように。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ