\ フォローしてね /

ドレッシングの保存方法

調味料の保存は開封前と開封後で異なる場合があります。毎日の食卓を楽しくしてくれる調味料ですが、実際の保存方法がわからないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、著者が実際に行っているドレッシングの保存方法をご紹介します。

開封前の保存方法

開封前のドレッシングは、常温でこのように保存しています。シースルーになっているコンテナを用意し、ストックが一目でわかるようにしています。高さのある瓶に入っている場合は、コンテナに立てると蓋が閉まらないため、開封前は寝かせておくこともあります。

開封後の保存方法

開封後のドレッシングは冷蔵庫で保存しています。

STEP1 調味料用のカゴを用意する

使いかけ調味料を冷蔵庫の中で保存しておくカゴを用意します。細長く奥行きがあるものがおすすめです。

こうすることで、冷蔵庫の中で調味料を探す手間が省け、冷蔵庫の中がすっきりとします。

STEP2 立てて保存する

ドレッシングはこぼれないように立てて保存します。立ててカゴにいれておくと、取り出すときにも引き出しのようにカゴを引くだけで全ての調味料が一目瞭然です。

こだわりポイント

上記のようにカゴやコンテナなどで見やすくストックすることのほか、同時に何本もドレッシングを買わない、開けないようにし、使いきれるように工夫しています。

ドレッシングはそのままサラダなどにかけるほか、肉料理などの仕上げにフライパンで絡めてソースにすると使い切れます。

注意点

ドレッシングはやはり鮮度が落ちると味も落ちると思います。他の調味料同様、使う人数が少ない場合は、お得でも大きなサイズを買っていつまでも使い切れないよりは、割高でも小さめを選んだ方が美味しく保てるのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたでしょうか?使う人数、使う頻度を考えてそれぞれの家庭に合った調味料を選びたいものですね。この記事が皆さまのお役に立てば幸いです。

(photo by 足成)(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。