\ フォローしてね /

簡単!立体「鯉のぼり」の折り方

このライフレシピのもくじたたむ

折り紙で簡単に、立体の「鯉のぼり」を作る方法を紹介します。

この折り方は筆者オリジナルです。是非、参考にしてみてください。

用意するもの

  • 折り紙
  • ペン
  • セロハンテープ

応用編:あるといいもの

  • 割り箸
  • 穴あけパンチ

作り方

STEP1:折り目をつける

半分に折り、片側だけさらに半分、もう半分、3回折り目を付けます。

STEP2:折り目にそって端だけを折る

白い面が外側になるように折ります。

STEP3:丸めてセロハンテープで止める

好きな太さに調節して、しっかり止めます。

STEP4:目や模様を書く

ペンで目やひれの模様を描いていきます。

STEP5:尾びれの部分を半回転ひねる

端から約2cmの部分を軸にしてひねると丁度良いです。

完成!

尾びれはねじりすぎると破れてしまうので注意しましょう。立体型「鯉のぼり」の完成です!

応用編

STEP6:大きさを変える

丸めたときに細くしたり、端の部分を少し切ると小さな鯉のぼりが出来ます。

STEP7:飾る

穴あけパンチで穴をあけ、半分に割った割り箸に通すと複数の鯉のぼりを飾ることが出来ます。

完成!

実際の鯉のぼりのようですね!

さいごに

とても簡単に立体の「鯉のぼり」が作れます。普通の折り紙にセロハンテープを使うことで、お子さんも作りがいがあるのではないでしょうか。是非、お子さんと一緒に作ってみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。