\ フォローしてね /

毎日使う布巾をまとめて簡単にお手入れする方法

毎日使う、布巾。使う度に手洗いしていても、そのまま放置してしまったり、キッチンでの部屋干しでは、生乾きになりがちで、なかなか快適に使えずお困りの方も少なくないと思います。

そこで、簡単で日々気持ちよく快適に使えるようにお手入れする方法をご紹介します。

準備に必要なこと

  • 使う枚数は1~3日の作業で必要な枚数分を目安に用意しましょう
  • 布巾は手軽に手に取れる位置に置きましょう
  • 使用後の布巾を吊せる(干せる)ようにしましょう
(ご参考)2人暮らしで3食共にキッチンに立つ状況で、1日に5~6枚の布巾を使っています。各ご家庭の状況に応じて多めに用意しておくと良いでしょう。

お手入れ方法

布巾はその都度洗うのではなく、こまめに洗い立ての布巾と交換します。1日の作業で使用した布巾はまとめて洗濯機で洗い、普段のお洗濯同様に干します。

注意点

1:洗濯機で洗う前の注意点

  • 少々濡れた段階で、洗い立ての布巾と交換しましょう
  • 使用後は少々濡れた状態のまま、吊して乾燥させておきましょう
  • 使用後は折り畳んだ状態のままにしないようにしましょう

洗濯するまでの間は、出来るだけ乾燥している状態に保ちましょう。水で濡らしてしまうと、洗濯するまでの間に生乾きの状態が長くなります。多少の汚れは、水をかけて洗わずに、そのまま吊す等して、乾燥を優先させます。経験上、多少の汚れは洗濯機で充分落ちますが、生乾きによる臭いは、洗濯してもなかなか落としづらいです。

2:洗濯する際の洗剤選びの注意点

  • 香料の強い洗剤は避けましょう
  • 蛍光増白剤の入っていないものを使用しましょう
蛍光増白剤についての安全性については賛否ありますが、食器を拭いたり等、洋服で肌に触れる以上の接触の可能性があり得ますので、念のため避けておいた方が無難です。

この方法のポイント

メリット

  • 後でまとめて洗濯機で洗うと考えると、気軽に使用枚数を増やせます。
  • 頻繁に洗い立てと交換する事を習慣にするだけで、いつでも快適な状態で作業できます。

デメリット

  • たくさんの布巾を手軽に使用できる位置に準備するスペースが必要です。
  • 洋服等を扱う洗濯機を利用するのが気になる方はお避けください。

おわりに

当初、洗濯機を使うことに、少々抵抗がありましたが、良く考えれば肌に身につけるものを綺麗にする道具なので、分け洗いさえすれば十分かと、布巾は当然のように手洗いでとの思い込みを捨て使ってみると、「その快適さにもっと早くからこうすれば良かった!」と実感しています。

今のところ、手洗いの頃と比べ作業が快適になったこと以外の変化はありません。洗濯機を使うことへの抵抗感は人それぞれですが、やってみる価値はあると思いますよ。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。