1. 料理
    2. 栗の甘露煮と黒豆をリメイク!豆乳ぜんざいの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    栗の甘露煮と黒豆をリメイク!豆乳ぜんざいの作り方

    お正月のおせちって残ってしまうものです。栗の甘露煮と黒豆を使って、ぜんざいを作りました。普段とは違う豆乳を使ったスイーツっぽいぜんざいにしています。

    おやつにもおすすめの豆乳ぜんざいの作り方を紹介します。

    材料(1人分)

    • 切り餅 2個
    • 豆乳 100ml
    • ゆであずき 1/2缶(1缶227gのものを使用)
    • 黒豆 大さじ2程度
    • 栗の甘露煮 4粒
    • きなこ(あれば) 少々
    豆乳は普通のタイプのものでもいいです。今回はごまとはちみつが入っている者を使っています。

    作り方(調理時間:5分)

    STEP1:餅以外を混ぜる

    豆乳、栗の甘露煮、あずき、黒豆を混ぜておきます。もし、甘露煮などにシロップがついていたら、ざるなどで水分を切っておきます。

    STEP2:耐熱容器に材料を入れる

    耐熱容器に切り餅を入れます。

    その上からSTEP1で作っておいた餅以外の材料を注ぎ入れます。

    STEP3:電子レンジで加熱する

    蓋をせずに1000Wで2分加熱します。2分加熱したら、お餅をひっくり返して1000Wで1分程度加熱します。

    箸でお餅が柔らかくなっているのを確認したらきな粉をかけて完成です。

    加熱時間は電子レンジによって違うので、調整してみてください。

    上手に作るためのポイント

    最後の電子レンジ加熱は、沸騰する前に加熱を止めたいので裏返した後は様子を見ながら加熱します。

    電子レンジを使うことで、お餅も早く柔らかくなってくれます。

    さいごに

    ぜんざいにはあずきが入っているので、黒豆を入れても違和感がありません。また、栗の甘露煮も和菓子に使われていたりするのでこちらも違和感がありません。

    そのためリメイクレシピでもおいしく食べられます。おせちの残りがあったら挑戦してみてください!

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人