\ フォローしてね /

ハンガーを使ったYシャツ・Tシャツの干し方

著者は毎日洗濯をしています。その中でもTシャツ・Yシャツは毎日洗っています。そこで著者の実際にしているTシャツ・Yシャツの干し方をご紹介します。

用意するもの

  • 洗濯物
  • ハンガー
  • 洗濯ばさみ(Tシャツに使います)

Yシャツの干し方

STEP1:Yシャツを洗う

洗う前はYシャツのボタンを全部外し、洗濯機に入れて洗います。

STEP2:しわをなくす

洗濯が終わったらハンガーにかける前、Yシャツの両肩部分を両手で持って「パーン」と引っ張ります(軽くしわがのびるように力を入れるだけです)。

しわをのばすためにします。

STEP3:Yシャツをハンガーにかける

ハンガーにYシャツをかけます。かけたら上3つのボタンを閉めます。首の襟はたててるようにして干します。

ボタンは上3つをしっかり閉めていたらハンガーから外れることがありません。
他のボタンは閉めててもいいのですが、面倒なので閉めないことをお勧めします。アイロンを掛ける時にまたボタンをはずさないといけないので全て閉めていたら手間がかかるからです。
首の襟は1番Yシャツで乾きにくいところなので、立てることによって乾きやすくなります。

Tシャツの干し方

STEP1:Tシャツをハンガーにかける

普通に洗濯で洗い、Tシャツを着るところからハンガーを入れて干します。

絶対にハンガーを首のところから入れてはいけません。首部分がのびます。

STEP2:しわをのばす

片手をTシャツの裏側に手のひらを広げて置き、もう1つの片手をでそのTシャツの表に手を広げて片手がある場所をめがけて軽くたたくとしわがのびます。

Yシャツと同じ方法でTシャツはしわをのばしてはいけません。Tシャツがのびてしまいます。

STEP3:洗濯ばさみで留める

Tシャツの両肩部分にそれぞれ洗濯ばさみを挟みます。

Tシャツが飛んでいかないようにするためです。

ハンガーのアドバイス

外に干す場合は飛んでいく可能性があるので、太めのハンガーをお勧めします。太めはなかなか風がふいても飛んでいかないからです。

クリーニングでもらうような金で出ているハンガーは飛びやすいので、室内での使用をお勧めします。

おわりに

洗濯はいつもどおりの方法でかまいません。干す工夫をするだけです。その他の洗濯物は飛んでいきそうだったら必ず洗濯ばさみをするように、首元がのびそうだったら着るところからハンガーを入れたり簡単な工夫をしましょう。

(Photo by 足成)
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。