1. 趣味
    2. 棒針編み「ねじり目」の編み方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    棒針編み「ねじり目」の編み方

    外が寒くなると、毛糸の暖かさが恋しくなります。いろいろな編目記号の技法を覚えて、素敵なニットを編んでみませんか?

    必要なもの

    • 編みたい毛糸
    • 棒針 2本
    毛糸玉には、糸の太さに適した針の号数(数が大きいほど太い)を示した紙が巻いてあります。それを参考に針を選んでください。

    「ねじり目」の編み方

    記号

    根元がねじれた目を作ります。

    記号はこれだけですが、記号図中の位置によって、右側が上に来るようにしたり、左側が上に来るようにしたりします。

    形式

    著者の編み方はアメリカ式です。右の人差し指に糸をかけて編んでいきます。

    STEP1:針を入れる

    針を右側から入れます。

    STEP2:糸をかける

    そのまま向こう側に出し、糸をかけます。

    STEP3:糸を引き出す

    かけた糸を引き出します。

    完成!

    下の目がねじれました。これで出来上がりです。

    裏目の場合

    STEP1:針先を出す

    左の針の、1目めと2目めの間に、向こう側から針先を出します。

    STEP2:針を入れる

    1目めの中に目をねじるようにして、針を入れます。

    STEP3:糸をかけて引き出す

    糸をかけて引き出します。

    完成!

    これで出来上がりです。裏からではわかりにくいので、表から見て確認してください。

    「ねじり目」を連続して編むと

    記号図では(表から見た目の記号で表されるので)同じ記号が続きますが、偶数段での操作は裏から、裏目をねじることになります。

    左端の2目は表目です。目の根元が逆ハの字の形に開いています。ねじり目は根元がねじれて、くっきりした印象です。

    ねじり目の向き

    普通は左が上になっていますが、模様や場所によっては右を上にする場合もあります。

    • ねじり目を左右対称にして、模様にする場合
    • 袖下の増し目 など

    上手に編むポイント

    ねじる目が大きくなりすぎないようにします。鋭角気味に針を持つと目を広げすぎません。

    おわりに

    ねじり目の連続は、目がそろっているように見えるので著者は好きです。編み物を始めたばかりの方も、試してみてはいかがでしょうか?

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人