1. 暮らし
    2. いざという時に!非常持出袋に入れておきたい物リスト

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    いざという時に!非常持出袋に入れておきたい物リスト

    災害はいつおこるか分からないですよね。そんな時に備えて用意しておきたい非常持出袋です。

    非常持出袋も、技術が進んできたから入れる物を見直してみると良いかもしれません。

    非常持出袋に入れておくと良さそうなものをいくつか書き出してみました。

    用意するもの

    食料三日分

    食料は三日分を目安に用意しておきましょう。カンパンや氷砂糖など軽くてカロリーが確保できるものが便利です。チョコレートなどのお菓子類を利用するのも良いと思います。

    賞味期限切れがないように、入れ替えがきく食品を選ぶのも手だと思います。

    長期保存用の缶入りの水を入れて置くと便利です。折りたたみのポリタンクなど、水を貰いに行くときの道具を持っているのも良いと思います。

    水は一人あたり1日3リットル必要と言われています。「災害用長期保存水」などの高純度の精製水もあります。

    救急用品

    常備薬など、日ごろ使っている物があれば用意しておきましょう。

    • 消毒薬
    • 絆創膏
    • 胃薬
    • 痛み止め

    など。

    ナイフ・缶きりなど

    色んなツールが一体になっているタイプも便利だと思います。

    軍手

    毛布

    アルミの防寒・保温シートなども軽くて持ち運びしやすいので良いと思います。ポンチョ・カッパなども緊急時は防寒に使いまわせます。

    懐中電灯・電池・ラジオ

    LEDライトや、各種機能が一体化したものなど便利なものが出ているのでチェックしておくといざという時安心です。ソーラー充電できるタイプなら、電池切れの心配も少なくてすみます。

    現金・通帳

    免許証・保険証

    ラップ

    三角巾の代わりに使えたり、体に巻いて防寒に使うなど、使い道が色々あるので一本入れておくと便利だと思います。また、食事の際に簡単なお皿として使ったりすることができます。水が使えないので、重宝します。

    家族や大切な人の写真

    家族とはぐれたときなど、探すときに役に立ちます。

    ティッシュ・ウエットティッシュ

    必要に応じて用意するもの

    赤ちゃんがいれば紙オムツや粉ミルクなどが必要です。状況に応じて必要な物は変わります。避難所で用意して貰うのが難しかったりする物は用意しておきましょう。

    持病があり薬をもらっている方はお薬手帳を持っていると便利だそうです。

    混乱状態ですから、普段飲んでいる薬が分かる物を持っていると、薬を貰うのにも楽ですし、体調を崩して薬を貰うときにも飲み合わせのチェックが楽に出来ます。

    女性は、生理用品やパンティーライナーを入れておくと安心です。パンティーライナーは、下着の着替えがない時にも便利に使えます。

    枕元に置いておくと良いもの

    • ヘルメット
    • くつ
    • 着替え

    など。

    家族が多ければ分担して持つ

    非常持出したい物も色々あるので、家族が多ければ中に入れる物を分担しておくと良いと思います。

    一家にひとつあれば良い物は、家族の中で分担して持つようにすれば、他の持ち出したいものを準備しておけます。

    おわりに

    緊急時に必要なのは、自分の身を守ることです。あれもこれもあったら便利でしょうけど、自分の身の安全の方が大事です。

    非常持出袋に入れるものは絞り込んだ必要最低限のものにしましょう。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人