\ フォローしてね /

とっても簡単!美味しいキャベツの見分け方

はじめに

著者やお好み焼きが大好物でキャベツを購入しています。著者にとって美味しいキャベツとは水分が葉っぱにしっかりとあるキャベツです。この記事ではキャベツの葉に水分があるか見極める方法をご紹介します。

水分のあるキャベツの見分け方3選

1:重さで見分ける

まずキャベツを手に取り持ってみましょう。軽いと思ったら他のキャベツに変えて重いと思うまで探してみましょう。

見た目的に大きいキャベツを手に取った方が重い可能性が高いですが、形が小さくても重いものはキャベツの葉に水分がしっかり詰まっています。

2:元気がないキャベツ

元気がないキャベツとは葉がしなっとしていたり、イラストのように葉が外を向いているようなキャベツなどです。見て「このキャベツ元気がないな」と思うキャベツはやめておきましょう。

3:緑のキャベツ

時々「こんなに薄いキャベツの色あるの?」というぐらい薄い黄緑色のキャベツを見たことありませんか?著者は1回そういったキャベツを購入したことがあります。切ってみると薄っぺらい葉っぱでしなっとしていました。

4:芯がみずみずしい

キャベツに水分がある方が美味しいです。その水分を見る1番の方法が芯を見ることです。芯に水分があればみずみずしいです。

番外編:裏技

見切れ品で半額になったキャベツしかない場合は、50度のお湯で1分ほど葉を洗えばみずみずしくなります。

おわりに

紹介したキャベツの見分け方とは逆の(軽い、元気がないなど)キャベツを買ったことがありますが、全てしなっとしていてキャベツの繊維を食べているだけのようでした。葉に水分があまりなくて美味しくなかったです。

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。