1. コミュニケーション
    2. アメリカ旅行に行ったときに役立つチップの相場と渡し方

    アメリカ旅行に行ったときに役立つチップの相場と渡し方

    日本人にとって馴染みのない「チップ」。しかし、アメリカでは重要な社会習慣です。今回は、アメリカのレストランでのチップについてまとめてみました。

    そもそもチップとは?

    チップというのは、請求書とは別の金額で、受けたサービスに対して支払うもののことを指します。

    チップはアメリカでは社会習慣の一部となっています。チップが当たり前の国にとっては、チップ自体が収入の大事な部分をしめているため、チップを渡すのが常識になっています。

    日本人にとっては、単なるおまけ感覚になってしまうしれませんが、彼らにとっては大事な収入源ということは覚えておきましょう。

    チップはいくら置いてけば良いの?

    チップの相場はレストランの格で決まります。

    カジュアルなお店

    ランチでもディナーでも、伝票の金額の15%~20%あたりを払えばよいでしょう。古いガイドブックでは10%~15%と書かれていることもありますが、現在ではちょっと少なく感じられるようです。

    高級なレストランの場合

    20%以上は払うのが、暗黙の了解となっています。

    高級レストランでは経験をつんだウェイターが多いため、低いチップを払うと、ウェイターは自分に何か落ち度があったのかと思ってしまうようです。

    バーやクラブの場合

    バーやクラブでは2種類の払い方があります。

    • キャッシュ・オン・デリバリー

    キャッシュ・オン・デリバリーと言って、飲み物を運んでもらうたびに清算する形式です。この場合、1杯の飲み物に対して$1が基本。

    たとえ$3のビールを頼んだときも、$1は払います。

    • タブ

    飲み物を頼むたびに伝票に記録行く形式です。この場合は、最後に全体の額の15~20%を払います。

    チップを払うべき場所とは?

    では、チップはどんなシーンで発生するのでしょうか。

    食べ物を運んでくれたり、お水を注いだり、食器を片付けたりのサービスが発生する場合、チップは必ず必要となります。

    そのため、ビュッフェなどの一見セルフサービスのように見える場所でも、食べたお皿を片付けたり、お水を注いでくれる人がいる場合、チップを払うのが常識となっています。

    チップの2重払いには気をつけて!

    レストランによっては、チップを払い忘れる人が多い場合、自衛策として最初から15~20%くらいのチップを伝票に含めることがあります。

    特にハワイなどの日本人が多いレストランでは良く見られます。

    計算する必要がないので、便利といえば便利ですが、二重に払ってしまう危険性もあります。

    伝票にチップが記載されている場合は"Gratuity"と書いてあることが多いので良く見てみてください。

    ガイドブックの情報に注意

    サービスが気に入らない場合1セントだけを置け!?

    日本のガイドブックには、

    「サービスが気に入らなかった場合、1セントだけ置いて帰ること」

    と記載されていることがあります。しかしアメリカ人で1セントだけテーブルに置く人はいません。トラブルになることもあるのでやめておいたほうがよいです。

    というのも、サービスの質の低さがウェイターのせいだとは限らないからです。料理が遅かったりしても、それはシェフのせいかもしれないですし、他のトラブルかもしれません。

    もし、どうしてもサービスが気に入らないのであれば、直接説明を求めるほうがよいでしょう。

    お会計の際、知っておくと役に立つ英会話

    • チップは含まれていますか?

    "Is the tip included?" 

    • チップの含まれていない伝票をください

    "Please bring the bill without including the tip."

    • (チップ用の$1札がなくて$20札を両替したい場合)両替してもらえますか?

    "May I have change?"

    • ($1が欲しい場合)$1に両替してもらえますか?

    "May I have ones?"

    おわりに

    スマートにチップを払って、気持ち良い滞在をしましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人