\ フォローしてね /

お肉も魚介類も無いけど美味しい!お好み焼きを作る方法

薄力粉はあっても長いもが無い、豚肉も魚介類も無い!いつものお好み焼きを作るには材料が全然足りない状態でも、冷蔵庫にある少しの具材を少しずつボウルに入れて、立派なお好み焼きが完成しました!

材料(ミニサイズ10枚分)

  • 薄力粉・・・150g
  • ベーキングパウダー・・・3g
  • 水・・・200cc
  • 卵・・・1個
  • 白だし・・・小さじ1杯
  • キャベツ(粗みじんぎり)・・・250~300g
  • 長ネギ・・・1/3本
  • 缶詰のコーン・・・大さじ3杯
  • 天かす・・・大さじ2杯
  • サラダ油・・・適量

トッピング

  • お好み焼きソース・・・適量
  • 青のり・・・適量
  • 紅ショウガ・・・適量
  • マヨネーズ・・・適量
  • 鰹節・・・適量

作り方(調理時間:30~40分)

STEP1:粉と水をあわせる

ボウルに薄力粉を入れ、白だしを加え、丁寧にまぜ粉っぽさが無くなるまで混ぜます。

STEP2:キャベツを加える

粗みじん切りにしたキャベツをSTEP1の状態の中に加えます。

STEP3:残りの材料を加える

みじん切りにした長ネギ天かすコーンをSTEP2の状態に加え混ぜます。

STEP4:焼く

空のフライパンを弱火で1分程予熱し、フライパンが温まったらサラダ油大さじ1杯を入れます。STEP3の状態である、お好み焼きのタネを大き目のお玉で山盛りにすくい入れ、丸くなるようフライ返しで形を整え、中火で2~3分程焼きます。

STEP5:ひっくり返す

STEP4のタネがまとまったまま動くようになったら、フライ返しでひっくり返し、蓋をしめ中火よりやや弱火で2~3分こんがり焼きます。

STEP6:器に盛る

STEP5の工程を終えたら、器に盛ります。

もう少し焦げ目をつけたい場合、フライパンで焼く時間を増やすなど、各自のお好みに合わせて調理してください。

完成!

STEP6の状態にお好み焼きソースをたっぷり塗り、青のりマヨネーズ鰹節紅ショウガの細切りをトッピングします。これで完成です!

上手に作るためのポイント

お好み焼きのタネをフライパンに流し入れるとき、べたっと横に広げるより、高さを作ると、ふわっと仕上がり、見た目も良くなります。出来るだけ高さを作るようフライ返し等を使い成形しましょう。

おわりに

ラップに包んでおいた野菜の端っ子が冷蔵庫に残っていたら、細かく刻んで入れると無駄なく使う事ができます。各自のお好みに合わせて、調理方法を変えてみるのもいいでしょう。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。