\ フォローしてね /

一人暮らしでも貯められた!20代独身女性の人生設計のしかた【体験談】

筆者は大学時代から結婚するまでずっと一人暮らしをしてきました。実家住まいに比べて貯金がしにくいと言われますが、一人暮らしの快適さやメリットも捨てられないものです。今回は筆者が一人暮らしの女性のお金に関する人生設計について紹介します。

筆者の20代の家計状況

  • 居住形態: 一人暮らし(賃貸)
  • 月間収支: 収入(手取り)14万円、支出12万円
  • 貯蓄: 150万円
  • ローン: なし

目標となるライフプランと貯蓄額

大学を卒業した時に、27歳で結婚するという目標を立て、貯金を始めました。一人暮らしの上、給料もそんなに多くないので無理のないように27歳までの4年間で200万円貯めるという目標を作りました。

目標のために組んだマネープラン

  • 毎月2万円を定額預金(年間24万円)
  • ボーナスを全額貯金(年間30万円)

結果

就職してからの4年間で200万円の貯蓄ができました!

感想

当時は美容にかける金額が多かったので、もう少し工夫をして節約すればよかったかなとも思います。

会社にお弁当を持っていくなど外食を避けるように心がけたことにより、食費が月1万5千円ほどに納まったのはよかったです。

節約できるところは節約する、という気持ちが大切です。

おわりに

筆者が4年間で200万円貯めることができたのは、目標があったからだと思います。結婚でも留学でも貯金そのものでも何でもいいので、目標を持つことで貯金のモチベーションが上がりると思います。

実家住まいの方にはかなわないかもしれませんが、一人暮らしでもコツコツ貯金することができますよ!

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。