\ フォローしてね /

これで完璧!英文5文型を完全マスターする方法

英文をキッチリ読んだり、英文法をキッチリマスターするには、まずこの5文型をキッチリ抑えることが必須となります。また入試や英検などでも必須項目ですのでキッチリ抑えておきましょう。

写真に5文型に出てくる用語を載せていますので、ご参考ください。

1:第1文型(S+V)

これが英語文の基本形。「SがVする」という訳になります。ここで覚えておいてほしいのは「英語の動詞には自動詞と他動詞がある」ということです。自動詞と他動詞には、

  • 自動詞 ⇒ 後ろに目的語を取るのに、前置詞を必要とする
  • 他動詞 ⇒ 目的語を取るのに、前置詞を必要としない

という違いがあります(前置詞とは動詞と名刺をくっつける作用をするもの。to,in等々)。

第1文型の見極め方

第1文型は「必ず自動詞のみ使われている」と言う特徴があります。なので、第1文型の見極め方として一番簡単なのは、「動詞のすぐ後ろに前置詞があるかどうか」となります。

動詞のすぐ後ろに前置詞があれば、その時点で第1文型となります。前置詞がない文は、必ず「第1文型以外」に属します。

例) I(S) go(V) to(前置詞) school.

2:第2文型(S+V+C)

第2文型は動詞の後ろに補語を取る文です。

ここで「補語」の説明をします。補語とはずばり「その単語を補う言葉」です。その関係上、補語(C)はその主語(S)や目的語(O)と、イコールの関係になります。

第2文型において、補語(C)は主語(S)とイコールの関係になります。
例1:I(S) am(V) a student(C). (← I=student)
例2:You(S) become(V) a doctor(C). (← you=doctor)

第2文型の見極め方

第3文型と間違えやすいんですが、見極め方は2つ。1つは上記のとおり、主語と動詞の後ろに来てる単語がイコールの関係性にあるかを見ること。

もう一つは、第2文型によく出る動詞を把握しておくことです。

第2文型に使われる動詞

  • be動詞
  • become
  • look
  • 感覚に関する動詞(feel,sound(~と聞こえるという意味の時),taste,smell等)
  • get(~になるの意味の時)

この2つを抑えておけば、第2文型はすぐにわかります。

3:第3文型(S+V+O)

これは動詞の後ろに「前置詞を使わず動詞単独で」目的語を取っている分です。その関係上「必ず出てくる動詞は他動詞」となります。

第3文型の見極め方

第1文型同様、英文の基本となる文型です。第1文型との違いは、先にも書いたとおり『動詞の後ろに前置詞があるかどうか』となります。なければ第3文型となります。

なお、第2文型との違いは、主語(S)が動詞の後ろとイコール関係かどうかという事で、イコール関係になければ第3文型となります。

例:I(S) love(V) you(O).

loveの後ろに前置詞はなく、I≠youなので、第3文型となります。

4:第4文型(S+V+O+O)

第4文型、第5文型に関しては、動詞のあとに「前置詞を取らず不自然に名詞が2つ並んだ形」だと認識してください。

第4文型は目的語を2つ、名詞の後ろに取る形です。もう少し丁寧に書くと動詞のすぐ後ろの目的語をIO(間接目的語:indirect objectの略)、その後ろの目的語をDO(直接目的語:direct objectの略)となります。

訳としては「SはIOにDOをVする」という訳になります。

第4文型の見極め方

第5文型は「S+V+O+C」となるのですが、動詞の後ろの名詞2つ部分(第4文型ではO+O、第5文型ではO+Cの部分)がイコールの関係でなければ、第4文型、イコールの関係となれば第5文型と判断します。

例:I(S) buy(V) you(IO) a birthday present(DO).

動詞の後ろに「you」 という名詞と「a birthday present」という名詞が2つ並び、かつ「you≠a birhday present」なので第4文型と判断します。

第4文型の形を取る動詞

また、第4文型の形をよく取る動詞を覚えておくことをオススメします。

  • give
  • tell
  • send
  • ask
  • sing
  • make

等々たくさんありますので、覚える余裕があれば覚えておきましょう。

そしてテストなどでよく出るのは、「第4文型⇒第3文型」への書き換えの問題です。

第4文型は「S+V+IO+DO」を「S+V+DO+前置詞+IO」という第3文型へと書き換えられます。

このときのの前置詞は、動詞によって種類が違うので、注意が必要です。

5:第5文型(S+V+O+C)

第5文型は第4文型内で少し書いたとおりです。動詞の後ろに名詞を2つ取り、その後ろの2つの名詞がイコールの関係性にあるものが第5文型となります。

訳としては「SはOにCとVする」というような訳になります。

例: I name the dog Pochi.

nameの後ろに「the dog」と「Pochi」という2つの名詞があり、「the dog=Pochi」となるので、第5文型となります。

第5文型を取る動詞

第5文型によく出てくる動詞を覚えておくのがいいでしょう。

  • 人に何かをするという動詞(call,name,等)
  • 思考に関する動詞(think,find等)
  • 状態変化、状態維持に関する動詞(make (←~にするという意味の時)、keep,leave等)

まとめ

以上で5文型の説明を終わります。ポイントをまとめておきます。

  • 英文を見つけたら、まずは前置詞を見つけ、そこで/を入れましょう。そのポイントまででSやVを発見し、文型判断を行ってください。
「前置詞の部分で文型的に文は途切れる」と考えてください。
  • Cは主語や目的語と必ずイコール関係になります。イコール関係が見られなければ第2文型、第5文型は否定されます。
  • その文型特有の動詞があるので、それを覚えるのが手っ取り早いです。

以上を踏まえて、文型マスター目指してがんばってください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。