\ フォローしてね /

身崩れ、臭みを防止!鱈の下ごしらえの方法

このライフレシピのもくじたたむ

鱈など、さっぱりと臭みの少ない魚でも、やはり下処理をきちんとしたほうが、身も引き締まり、生臭さもなくなります。

この下処理は以下の料理にとても有効です

  • 焼き物、鍋照りなど(身崩れ防止)
  • 煮もの(身崩れ、および臭み防止)
もともと臭みの少ない魚ですが、ショウガを入れることなく、魚の風味を楽しむ方法として、この下処理とても役立ちます。ぜひ、他の魚でもお試しください。
その他、魚のさばき方、えびなどの下ごしらえについて知りたい方はこちら!
魚介類の下ごしらえに関するハウツーまとめ

用意する物

  • 油切り用バット(下図参照)
  • キッチンペーパー

下処理のコツ

STEP1.軽く塩をふる

切り身の裏表に軽く塩をふり、バットにのせます。

油切り用のバットを使用することで、余分な水分と臭みが下に落ちます。まな板の上で行うと、せっかく出た水分が魚に付着したままになるので、臭みが残ります。

STEP2. 生臭み処理と身崩れ防止には

15分ほどラップをかけて放置し、表面に出た水分をキッチンペーパーでふき取ります。

おわりに

鍋もの、焼物など、どのような料理に使うにしても、この下処理をすることで身が崩れにくく、また生臭さがなくなります。ぜひ、お試しください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。