\ フォローしてね /

「あと一品!」という時に、残り野菜でカンタン生春巻きの作り方

生春巻きは一見めんどうくさそうに見えますが、実はとっても簡単にできるんです。おかずが「何かあと一品ほしいな~」という時や、中途半端に葉野菜が残っているときにできる簡単な作り方を紹介します。

材料 (生春巻き4本分)

  • ライスペーパー 4枚
  • 葉野菜(今回は白菜) 100g
  • はるさめ 50g
  • にんじん 1/2本
  • 大根 少々
  • 春菊 少々

分量は目安です。今回は余っていた白菜を使いきりたかったので、他の材料も適当に適量を用意しました。
材料は何でも構いません。今回は白菜ですが、レタスやキャベツを使うこともあります。

作り方 (調理時間:15分)

STEP1:野菜の下準備

野菜を刻みます。時短のため筆者は、にんじん、大根はチーズおろし器を使って刻み、白菜は包丁で千切りにしました。春菊の葉の部分と白菜を加熱し、好みの柔らかさにします。

葉野菜はお好みで加熱してください。生の食感が好きな場合はそのままでも問題ありません。

STEP2:春雨を茹でる

はるさめはやわらかくなるまで茹でて冷まし、食べやすい長さに切ります。

STEP3:ライスペーパーを戻す

お皿にぬるま湯(水道水でも大丈夫です)を入れ、その中にライスペーパー(1枚)を浸します。10秒くらいでフニャっとしてきます。

STEP4:ライスペーパーに具をのせる

まな板の上に湿らせたライスペーパーをのせ、中心辺りに具をのせていきます。完成時に彩がよくなるように、まずは色の濃い春菊から始め次に、にんじんを重ねます。続いて色のうすいもの、白っぽいものを重ねていきましょう。

STEP4:具を包む

先ずライスペーパーの手前の部分を具にかぶせるように折ってから、左右を具の上に折りたたみます。包んだ部分をギュッと押さえながら、しっかりきつめに転がしながら巻いていきます。

STEP5:ソースを添えて完成!

ソースはスイートチリソースやナンプラーなどが一般的ですが、マヨネーズや市販のドレッシングでも大丈夫です。筆者は今回は、青じそドレッシングと、ゴマわさびドレッシングを添えました。

さいごに

生春巻きは、一度つくってみると、本当に手軽にできることがわかります。夕食がとんかつの日は、敢えて千キャベツを多めに切って余らせ、翌日に生春巻きにするなど、気軽に試してみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。