1. 料理
    2. 胸肉でもジューシー「鶏の照り焼き」の焼き方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    胸肉でもジューシー「鶏の照り焼き」の焼き方

    鶏胸肉を使ってジューシーな照り焼きを作ってみました。

    材料(3〜4人分)

    • 鶏胸肉:2枚
    • 水:大さじ3
    • 酒:大さじ2
    • みりん:大さじ1
    • 砂糖:大さじ2
    • 醤油:大さじ3

    • 生姜:1かけすりおろし(鶏肉下味用)

    • 醤油:大さじ1(鶏肉下味用)

    作り方(調理時間:90分)

    STEP1:鶏胸肉の下準備

    鶏胸肉の両面にフォークなどでブスブスと何カ所か穴をあけます。

    ビニール袋に鶏肉を入れ、重さを量り、その重さの10%の水を入れます。さらに、鶏肉の重さの1%の砂糖と塩を入れて、手でよく揉みます。そのまま30〜40分置いておきます。

    その後、ビニール袋から鶏肉を取り出し、ビニール袋に残った水を捨て、鶏肉をもう一度ビニール袋に戻し、生姜と醤油を入れて手で揉んで30分ほど置いておきます。

    STEP2:鶏肉の片面を焼く

    フライパンに油をひき火を点け鶏肉の皮の面を焼きます。火加減は中強火で3分ほど焼きます。

    STEP3:裏返して焼く

    皮面に焼き色が付いたら裏返し、火を中弱火〜弱火にしてフタをして6〜7分ほど焼きます。

    鶏肉を焼く時間ですが、鶏肉の厚さによって変わってきますので注意して下さい。

    STEP4:照り焼きソースを作る

    水、酒、みりん、砂糖、醤油をかき混ぜて照り焼き用のソースを作っておきます。

    STEP5:照り焼きソースをかける

    照り焼きソースをフライパンに入れ、スプーンなどでかけながらソースにとろみが出てくるまで焼きます。

    ある程度とろみが出てきたなら鶏肉は取り出し、適当な大きさに切って器に盛っておきます。

    その間、照り焼きソースはもう少し煮詰め、最後に鶏肉にかけます。

    さいごに

    鶏肉が柔らかくてジューシーな照り焼きが完成しました。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人