\ フォローしてね /

カルシウムたっぷり!いわしの味噌漬け焼きの作り方

子どもでも食べやすいように、作ってみました。新鮮なうちにみそにつけておくと後は焼くだけなので、忙しい時のおかずにも重宝しますよ。それでは作り方を紹介します。

材料(3人分)

  • いわし 中3尾
  • A酒 大1
  • Aみりん 大1
  • A味噌 大2.5

作り方(調理時間:15分※漬けこみ時間は除く)

STEP1:いわしの下処理(1) うろこと内臓を取る

いわしは流水で洗いうろこを落とします。さらに頭を包丁で切り落とし、腹から内臓を取り出します。

STEP2:いわしの下処理(2) 身を開く

いわしを左手に持ち、頭がついていた方から右手の親指を中骨に沿わせながら身を開きます。

STEP3:いわしの下処理(3) 両端をそぎ切りにする

両端に小骨が多いので、左右ともそぎ切りしてキレイにします。

血合いなども取ってください

STEP4:いわしの下処理(4) 小骨を取る

骨抜きで小骨を取れるだけ取ります。(多少は残っていても大丈夫です)

STEP5:味噌に漬ける

容器にAを合わせ、STEP4のいわしを味噌がまんべんなく付くように漬けこみます。1時間~一晩おきます。

STEP6:焼く

付いていた味噌をざっと落とし、グリルを予熱し、弱火で焦げに注意しながら焼きます。こんがり焼けたら、ごまをふって完成です。

我が家は両面グリルで、7~8分焼きました。

上手に作るためのポイント

いわしは買ってきたら新鮮なうちに作りましょう。今回は初心者でもやりやすい手開きの方法を紹介しました。どうしても下処理が苦手な方は、魚屋さんやスーパーに頼みましょう。大体は無料でやってくれます。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。