\ フォローしてね /

ホームベーカリーで美味しいバターロールの作り方

ホームベーカリーで生地づくりをお任せして作る、美味しいバターロールのレシピをご紹介します。焼きたてはもちろん、数日後でもトーストすると美味しさが蘇ります。

用意するもの(バターロール8個分)

  • ホームベーカリー
  • 延し棒
  • 刷毛

  • 強力粉 300g

  • 砂糖 30g

  • 塩 3g

  • バター 50g

  • 牛乳 210cc

  • ドライイースト 4g

  • 溶き卵(仕上げ用)

バターロールの作り方(調理時間:3時間~3時間半)

STEP1:材料を用意する

まずは材料を計りを使って用意し、全てをホームベーカリーに投入します。材料、ドライイーストの入れ方は使用するホームベーカリーの使い方に従ってください。生地作りのコースで作ります。

冬場は牛乳をレンジでぬるめに温めておくといいでしょう。

STEP2:空気を優しく抜き、丸め直す。

一次発酵までをホームベーカリーにお任せしたら生地を取り出して優しく空気を抜き、丸め直します。

STEP3:8等分する

なるべく均等になるように8等分し、1つ1つをその都度丸め直します。ここで10分ベンチタイムを入れます。生地がベタついて扱いにくい場合は打ち粉をしてください。

ベンチタイムとは生地を落ち着かせ、休める為の時間です。これをすることで縮みにくくなり、扱いやすい生地になります。

STEP4:生地を伸ばす

ベンチタイムが終わったら、画像のように延し棒を使って雫型に伸ばします。

STEP5:生地を巻く

伸ばした生地を太い方から巻きます。

巻き終わりが下に来るように形を整えます。

STEP6:二次発酵させる

生地の成形が全て終わったら、鉄板に敷いたオーブンシートに間隔を開けて置きます。

ここから二次発酵を30分から1時間しますが、目安は生地が1.5倍程の大きさになるまでです。生地が乾燥しないように、固く絞った濡れ布巾をかぶせます。

冬場の寒い室内の場合は膨らみにくいのでホットカーペットの上に乗せてみたり、ご使用のオーブンに発酵機能がある場合は使用すると良いでしょう。

膨らまないからと1時間以上二次発酵させてしまうと、過発酵といって味が落ちてしまいますので注意してください。

STEP7:ドリュールを塗る

オーブンを180度に余熱を開始します。

二次発酵が終わったら、生地にドリュール(溶き卵)を刷毛で塗り、余熱の完了したオーブンに入れます。

この時、溶き卵の代わりに牛乳を塗ると素朴な出来のバターロールになります。

STEP8:完成!

180度のオーブンで13~15分焼きあげて完成です。焼きあがったらケーキクーラーの上に出して冷ますと良いでしょう。

粗熱が取れたらジップロックなどに入れて、乾燥を防いでください。

おわりに

バターロールはそのままでも、間にジャムを塗っても、ハムやチーズを挟んでも美味しく頂ける万能なパンです。手のかからない成形パンでもあるので、パン作り初心者の方にもオススメです。是非作ってみてくださいね。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。