1. 料理
    2. 圧力鍋を使ったおでんの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    圧力鍋を使ったおでんの作り方

    いろんな具材が入ったおでん、おいしいですよね。今回はそんなおいしいおでんを圧力鍋を使った作り方を紹介します。

    おでんに欠かせない大根は普通の鍋だと下茹でする必要がありますが、圧力鍋だとその必要がなく、短時間で具材が柔らかくなるので、「おでんが食べたい!」という時にすぐ作れるので、とても重宝しています。

    材料(4人分)

    • 大根 1本(700g)
    • にんじん 150g
    • 切り餅 2個
    • 油揚げ 4枚
    • ごぼう天 4本
    • ちくわ 4本
    • がんもどき 4枚
    • しょうゆ 大さじ3
    • 酒 大さじ2
    • みりん 大さじ2
    • 塩 小さじ1/2
    • 和風だしの素 小さじ1
    • 水 3カップ

    作り方(調理時間:30分)

    STEP1:油揚げの下処理

    油揚げをざるに並べ、熱湯を回しかけ油抜きをします。

    STEP2:巾着を作る

    油揚げの一辺を包丁で切り袋状にして、半分に切った切り餅を入れます。口を楊枝で止めて巾着を作ります。

    切り餅2個は、半分に切るので、4個の巾着ができます。

    STEP3:大根を切る

    大根は、3㎝幅に切り皮を剥きます。それを半分に切ります。

    大根は輪切りにしてからの方が皮を剥きやすいです。

    STEP4:にんじんを切る

    にんじんは皮を剥いてから、2cm幅の斜め切りにします。

    STEP5:圧力鍋に調味料を入れる

    圧力鍋に、しょうゆ、酒、みりん、和風だしの素、水、塩を入れます。

    STEP6:具材を入れる

    大根や巾着などの具材を全部入れ、ふたをして強火にかけます。圧がかかったら弱火にして8分ほど加圧します。その後、自然冷却します。

    完成!

    ふたが開けられるようになったら、完成です。

    上手に作るためのポイント

    圧力鍋を使いこなすポイントは、加圧時間です。キッチンタイマーでしっかり時間を計って調理時間を守りましょう。

    煮物は短時間で、煮崩れすることなくおいしく出来上がります。

    さいごに

    おでんの具材は、お好みで選んでください。卵やこんにゃく、牛筋などもおいしくなります。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人