\ フォローしてね /

仕上げ馬を使ったアイロンのかけ方

仕上げ馬は、シャツやジャケットの袖などの細かいところを仕上げるのに便利な道具です。

仕上げ馬について

折り畳み式とそうでないものがありますが、著者が使用しているのは折り畳み式です。

使い方はどちらも同じです。下のスペースが広い方から服を通して使用します。(上の写真の仕上げ馬の場合、左側になります。)

仕上げ馬を使用しないでアイロンをかけた場合

今回の例としてご紹介させていただく袖の場合、仕上げ馬を使用しないで、袖山に普通にアイロンをかけます。

上の写真のようになります。

折り目を付けたくないとき、ふんわり仕上げたいときに仕上げ馬を使います。

用意するもの

  • アイロン
  • アイロン台
  • 仕上げ馬
  • 霧吹き

仕上げ馬の使い方

STEP1:アイロン台の上に仕上げ馬を置く

アイロン台の上に、(組み立てた)仕上げ馬を置きます。

右利きの著者は、通常アイロン台の尖ったほうを左側にして使用していますが、袖にアイロンをかけやすい向きとして、今回は反対にしています。使いやすい向きで使用してください。

STEP2:仕上げ馬に袖を通す

仕上げ馬に袖を通します。

STEP3:霧吹きをかける

シワをのばしたいところに霧吹きをかけます。

STEP4:アイロンをかける

素材に合った適温でアイロンをかけます。

キレイにかかりました。

ふんわり仕上がっています。

注意すること

ジャケットなどにかけるときは、テカリ防止のために当て布を使用してください。

おわりに

タイトスカートや、キュロット、子供服などにアイロンをかけるときにも便利な道具です。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。