\ フォローしてね /

揚げ物バットがなくても大丈夫!身近なもので簡単に油切りする方法

このライフレシピのもくじたたむ

揚げ物は、しっかり油が切れているかが美味しさのポイントでもありますよね。しかし、調理スペースが手狭だったりで、案外油切りせずに済ませてる方も少なくないのではないでしょうか?

そこで、揚げ物バットの必要なしで、快適に油切りする方法をご紹介します。

「缶きりがない時に缶詰めを開ける方法」など、キッチン用品の代用法一覧!
キッチン用品の代用法

用意するもの

  • キッチンペーパー 1~2枚程度(お手持ちの物の厚さによる)
  • 魚焼き用グリル(一般的にガス台に標準装備されているもの)

使い方

魚焼きグリルにキッチンペーパーを引く

見ての通り、サッと引き出して揚げ物用バットの網代わりに使います。
これだけです!揚げ物用バットがなくても、しっかり油の切れた美味しい揚げ物が食べられます。

通常の揚げ物パット同様、網の油汚れは多少避けられませんが、下の受け皿の部分は、ほとんどお手入れいらずでOKなので、魚を焼いた後のような大変はありません。
手狭な中でムリに揚げ物バットを置いて、不用意にひっくり返してしまうなんて事もないので、安心の方法です。

おわりに

揚げ物をするときは、衣を付けたりと調理スペースが手狭になりがちで、いざ揚げ上がっても、どこに置いたらと、もたもたしてしまう事があり、フッと思い付いた方法です。

思いついた時はニンマリしてしまいました!灯台もと暗し、火元にも近いですし安定感もあるので、バッチリです。ぜひ、同様のご経験がある方は、お試しください。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。