1. コミュニケーション
    2. ビジネスシーンでタクシーに乗るときのマナー

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスシーンでタクシーに乗るときのマナー

    皆さんは、ビジネスシーンにおいてタクシーを利用する際の基本的なビジネスマナーを知っていますか?

    ビジネスマナーは、最低限、覚えておかなければいけないポイントだと思います。ビジネスシーンでタクシーに乗るときのマナーをご紹介します。

    タクシーの上座、下座について

    運転手の後方の席が上座です。その次が助手席の後方の席、最後に助手席という順番です。

    2名でタクシーに乗る場合は、お客様を先に乗せましょう。3名の場合は、お客様を後ろに乗せて、自分は助手席に座ります。

    注意点として、お客様から上座を勧められた場合は、素直に「ありがとうございます」と言って座りましょう。「いえ、◯◯様がどうぞ」なんていう下りの会話はNGです。逆に失礼にあたると考えましょう。

    荷物の取り扱いについて

    荷物の取り扱いに関してです。手荷物以外のキャリーケース等がある場合は、タクシーに乗車する前にトランクを開けてもらい、トランクに入れるようにしましょう。

    自分1人でタクシーに乗る場合は、運転手の方の負担を増やさないよう、席の下に置けるキャリーケースは中に持ち込むようにすると良いです。

    行き先を告げるときの注意点

    ビジネスシーンは「時は金なり」です。曖昧な表現で行き先を告げてしまい間違った場所に着いてしまったりしたら、一大事です。

    仕事でのコミュニケーションと一緒です。具体的に伝えることが大事です。筆者がベストだと思うのは、プリントアウトした紙と住所を伝えることです。

    支払いの際に気をつけること

    ビジネスシーン限定のマナーというワケではありませんが、3,000円以内の支払いは、なるべく1万円札以外が望ましいと思います。(お釣りが常にあるわけではないので)

    到着次第、すぐに支払いができるように目的地周辺になったら、お金を用意しておきましょう。ビジネスシーンは「時は金なり」です。

    おわりに

    ビジネスシーンでタクシーに乗るときのマナーは、覚えておいて損はありません。参考にして頂ければ幸いです。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人