\ フォローしてね /

こんなものも家で洗える!洗濯ネットを使うべき洗濯物の見分け方

今までクリーニングに出したり、手洗いしていたものも、洗濯ネットを使用することで、家庭で洗濯機で洗えるようになる場合があります。

ここでは、筆者が実践している見分け方を紹介します。

洗濯ネットを使用すべきアイテムの見分け方

衣類の裏にある、洗濯表示を見て、洗濯ネットがあれば洗濯機で洗濯できると判断しているものは、以下の表示があるものです。

  • 「ネット使用」と表示があるもの
  • 「手洗い」と表示があるもの

具体的には、ニット製品や下着類が多いです。

「手洗い」と表示があるものは、ネットを使用することによって、洗濯機の「ソフト」や「手洗いコース」を設定すれば、洗うことが出来ます。おしゃれ着用洗剤を使用すると尚、きれいに仕上がります。

意外にも洗濯ネットを使用すると良いもの

洗濯機で洗うことが出来るものの中でも「弱」という表示があるものは、ネットを使用すると型崩れや傷みを防ぎながら洗濯することが出来て安心です。

我が家では、中学校の制服もネットを使用することで傷めることなく洗うことが出来ています。

筆者が中学生の頃は制服は家で洗わず、たまにクリーニングに出すのが一般的でした。しかし現在の制服は、家でもネットを使って丸洗いが出来るようになっているようです。

洗い方

アウターなど大きいものの洗い方

制服や手洗い出来るニット製品などはどうしても洗濯ネットよりも大きいものですから、そのまま入れるとはみ出して収まらないか中でぐちゃぐちゃになります。ですから、きれいにたたんだ状態で洗濯ネットの中に入れます

1つのネットに、2つくらいは一緒に入れても大丈夫ですが、別々のネットに入れると、より汚れが落ちやすくなります。

下着など小さいものの洗い方

下着は、レースやゴムの部分などが傷みやすいので、そういった部分を内側にしてたたんだ状態で、洗濯ネットに入れます

洗濯ネットを使用するメリット

  • 洗濯ネットに、たたんだ状態で入れて洗うことにより、型くずれするのを防げます。
  • いつでも、汚れが気になった時に、家で手軽に洗濯が出来ます。
  • スカートのプリーツも、きれいにたたんでネットに入れれば、乱れません。
  • 他の洗濯物と一緒に洗っても、からみません。
  • レースやゴム部分の縫製など、ほつれやすい部分を守ることが出来ます。

使うべきネットの種類

アウターなど大きいものに使用する場合のネットは、網目が細かく、大きさは、たたんで入れたらピッタリ収まるサイズのものを使用しています。

下着など小さいものは、小さいサイズの洗濯ネットを使用しています。

洗うものの大きさに合ったサイズのネットを使用することで、ネットの中で無駄に動くことが少なくなり、より傷みを防ぐことが出来ます。

注意点

手洗い表示のニットなどは、洗濯機で適したコースを設定するため、ニット類だけで洗った方が無難だと思います。

また筆者の場合、購入した制服の説明書に「ネットを使用すれば家庭用洗濯機で洗濯できる」ということが記載されていました。

中にはそうではない制服もあるかもしれませんので、心配な場合は購入したお店や製造元に問い合わせてみてください。

おわりに

洗濯ネットを上手に使うことにより、ニットや制服を傷めることなく、家庭で洗濯が出来ます。これで夏の制服もこまめに洗濯できて、常に清潔に保つことが出来ます。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。