1. 料理
    2. マカロニサラダ〜オリーブオイル仕立ての作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    マカロニサラダ〜オリーブオイル仕立ての作り方

    マカロニサラダといえば、マヨネーズベースのものが多いと思いますが、我が家ではマヨネーズは使わずにオリーブオイルをベースにしたマカロニサラダを作っています。カロリーが気になる方にぜひおススメです。

    材料(4人分)

    • マカロニ(ショートパスタ) 1袋(150g)の半分
    • レタスの葉 1枚
    • サニーレタスの葉 1枚
    • キュウリ 1/2本
    • ミニトマト 4つ
    • ハム 2枚
    • オリーブオイル 小さじ1
    • コショウ 少々
    マカロニは色々種類がありますが、今回はカールタイプのものを使っています。

    穴の開いている普通のマカロニや貝殻の形のもの、チョウチョの形をしたものでも同じように作れます。お好みで選んで下さい。

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:マカロニを茹でる

    マカロニを袋に記載してある時間で茹でます。塩(分量外)はマカロニを入れる前でも途中から入れても構いませんが、入れ忘れを防ぐために一緒に入れた方が良いです。

    パスタの場合はアルデンテ(若干芯が残った状態)で茹でる場合が多いですが、芯が無くなるまで茹でて下さい。

    STEP2:材料を切る

    キュウリは斜め切り、ミニトマトは縦に半分、ハムは半月状に切った物をさらに短冊に切ります。ちなみにトマトの切り方ですが、サラダで使う場合は中のトマトジュースがこぼれないよう縦に切ります。逆に煮込んだり炒めたりする場合は、トマトジュースが良く出るよう横に切ります。

    STEP3:レタスをちぎる

    レタスとサニーレタスは、食べやすい大きさに手でちぎってください。包丁で切った方が手っ取り早いですが、手でちぎった方が大きさも揃うので、とても食べやすいです。

    STEP4:茹で上がったマカロニを水で冷やす

    芯が無くなるまで茹でたので、余熱で柔らかくなり過ぎないように、ザルにあげて流水で冷やします。マカロニが冷めたらよく水気を切っておきましょう。

    STEP5:オリーブオイルで和える

    水気を切ったマカロニをボールに移し、オリーブオイルを加えて良く混ぜます。

    オリーブオイルが馴染んだらハムを足して、コショウを加えます。コショウはミル付きのものが香りも良いのでおススメです。

    よく混ざったら、他の野菜と一緒に盛り付けて完成です。

    上手に作るためのポイント

    マカロニを茹でる時、互いにくっ付いてしまうとそこだけ茹で上がらないので、時々菜箸などで混ぜて下さい。特に貝殻の形をしたもの(コンキリエ)は重なったまま茹で上がって芯が残りやすいので要注意です。

    このレシピは塩分控えめで作っていますが、塩気が欲しい方は、オリーブオイルを加える時に少し塩を加えても結構です。また、ごま風味のドレッシングと相性が良いので、完成後に足しても美味しいです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人