\ フォローしてね /

種類で選ぶ、おいしいウニの見分け方

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

お寿司屋さんでもなかなか注文しづらい高級食材のウニ。

とってもおいしいんだけど、ちょっと高嶺の花ですね。

いざ食べるなら、おいしいウニを選びたいもの!本記事ではそんなおいしいウニの見分け方をお知らせします。

見分け方

形を見る

わたしたちが口にするのはウニの卵巣に当たる部分です。

これは鮮度が落ちるとドロドロに溶けていってしまうもの。粒がピンと立ち揃って、形が鮮明なものを選んでください。

崩れかかったものは生臭く、鮮度も落ちているのでおすすめできません。

種類で見る

  • ムラサキウニ

通常、見かけるのがムラサキウニとよばれる種類のものです。

このウニの色は、明るめの黄土色、もしくは少し青みがかった山吹色といった感じでしょうか。回転寿司で出てくるウニはまず間違いなくこれにあたります。

もちろん、十分おいしいのですが、ランクとしてはスタンダードなものと考えていいでしょう。

  • エゾバフンウニ

ウニのなかでも最高級品にあたるのがこれです。色は濃いオレンジ色をしています。最高級なだけあって、めったに見かけることはありませんが、味は抜群!甘くて濃厚なウニです。

オレンジ色のウニを見かけたらチェックしてください!

おわりに

普段あまりみかけない食材であればあるほど、新鮮な状態がどういうものか分かりにくいですよね。

上記の方法がお役に立てば幸いです。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。