\ フォローしてね /

一度食べてみて!泉州名物“じゃこごうこ”

"じゃこごうこ"とは

大阪南部の泉州地方は、水ナスが特産です。

この水ナスの古漬け(漬物のことを「香香(こうこう)」とか「こんこ」と言う)と新鮮な海老じゃこを炊き合わせたのが、「じゃこごうこ」です。

調味料は醤油と砂糖が基本。どちらも泉州地方ではよくとれるので、昔はお金のかからない料理としてよく作られていた伝統料理です。

わが家では、今でもたまに作ります。下記写真は自分で作ったものです。なすがとろけすぎて形が分かりづらいですが・・・。

わが家ではアレンジして、舞茸やこんにゃくを入れるときもあります。

食べられる場所・地域

大阪南部の泉州地方

食べられるお店

  • 『泉州やさいのビュッフェ&カフェ』

午前11時~午後3時
野菜料理のバイキング 1時間 大人1250円 小学生800円 幼児500円

住所:大阪府岸和田市三ヶ山町280-55
電話:072-444-8002
営業時間:午前10時~午後6時 水曜定休

  • 『RizuMieこーたり~な』

真空パックのじゃこごうこが売られています。

食べてみた時の感想

見た目はそれほど美味しそうには見えないかもしれませんが、味がよくしみていてとても懐かしく素朴な感じで美味しいです。

白ご飯との相性が抜群で、著者は何杯でも食べられちゃいます。泉州地方は玉ねぎも有名なので、ぜひ玉ねぎ料理も味わってほしいです。

お近くに寄られた際は、是非一度ご賞味下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。