1. 料理
    2. とろみ・栄養価UP!絹ごし豆腐入り親子丼の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    とろみ・栄養価UP!絹ごし豆腐入り親子丼の作り方

    親子丼に絹ごし豆腐を入れるのが著者流です。とろみも栄養価もアップします。

    材料(1人分)

    • 鶏もも肉        1/2枚
    • 卵           2個
    • 絹ごし豆腐       1/6丁
    • 玉ねぎ         1/4個
    • かまぼこ        3cm長さ程度(あれば)
    • カイワレ大根      適量(あれば)
    • ご飯          茶碗1杯分

    つゆの材料

    • 和風だし(顆粒)    小さじ1/2
    • しょう油        小さじ1
    • みりん         小さじ1
    • 酒           小さじ1
    • 砂糖          小さじ1
    • 塩           少々
    • 水           100cc

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:材料を切る

    豆腐は1cm角切り、鶏もも肉は一口大、玉ねぎは薄切り、かまぼこは3mm厚のいちょう切りにします。

    STEP2:つゆを作る

    鍋につゆの材料を全部入れ、中火にかけます。

    STEP3:具を入れる

    つゆが煮立ったら鶏もも肉・玉ねぎ・豆腐・かまぼこを入れます。

    STEP4:蓋をして煮る

    蓋をして中火で煮ます。

    STEP5:卵を溶く

    卵を溶きます。

    白味と黄味が混ざりすぎるととろみが出ないので混ぜすぎないようにしましょう。

    STEP6:卵の半量を入れる

    鶏もも肉に火が通ったら卵の半量を入れます。

    STEP7:残りの卵を入れ火を消す

    先に入れた卵が固まり始めたら残りの卵を入れ、火を消します。

    STEP8:蓋をして蒸らす

    蓋をして1分程度蒸らします。

    完成!

    ご飯にかけ、カイワレ大根を散らせば出来上がりです。

    上手に作るためのポイント

    先に入れた卵が固まりすぎないうちに残りの卵を入れるとほどよい半熟状態になります。

    今回、卵を2個使っていますが3個にするとよりとろとろ感が味わえます。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人