\ フォローしてね /

願い事、叶いました!台北のパワースポット、行天宮。

筆者が台北を訪れたのは、2008年8月。お盆休みの女性3人での二泊三日の小旅行。リージェントホテルに宿泊、グルメや、観光、ショッピングなどを目一杯楽しみました。

その中で印象に残ったパワースポット、行天宮(シンティエンゴン)をご紹介します。

行天宮について

台湾には多数のお寺がありますが、行天宮は最も人気のあるお寺のひとつだそうです。

行き方

アクセスもとても便利です。松江路エリアというビジネスエリアに位置するため、周りには高層ビルが多数並んでいる人通りも多い地区。MRT(モノレール)の「行天宮」駅が最寄駅。

バスの路線もたくさん通っているようですが、観光客にはMRTかタクシーの利用がオススメです。

筆者は、宿泊したリージェントホテルから徒歩で行きました。街並みを楽しみ、お店を覗きながらお散歩気分で移動、もオススメです。リージェントホテルからは、徒歩20分程度でした。

見どころ

行天宮は「関帝廟」という関帝を祀る廟。中華圏固有の宗教「道教」のお寺です。お寺は華やかな彫刻やカラフルな色彩に囲まれており、キッチュな印象です。行天宮の地下街には「占い横丁」もあり、日本語で占ってくれる占い師さんも!

予約方法、運賃

予約や、料金は必要ありません。

果物のお供えが必要ですが、果物は行天宮までの道のりの露店で色々と販売されています。お供えした後は、持ち帰ってよいそうです。

マナー・注意点

おみくじや、お参りの仕組みがわからない場合は、気軽にボランティアのおばあちゃんに尋ねましょう。日本語が話せる方が教えてくれます。

日本語で話しかけられたからといって、警戒する必要はなし!皆さん、とっても親切ですよ。

よかったところ、イマイチだったところ

筆者は今までの旅行で訪れた宗教的な施設(寺院など)に、あまり印象がありません。なんとなく観光地だから訪れる、というケースが多いのですが、この行天宮は、とても印象に残ったお寺です。

よかったところ

  • 日本語が出来る優しいおばあちゃんのボランティアの方が、参拝方法を丁寧に教えてくれる。
おばあちゃんたちが声をかけてくれて、手順を教えてくれます。本当に親切でした!
  • 「おみくじ」のシステムが面白い。

三日月形の赤い木片を持ち、自分の氏名、生年月日、住所を告げ、願い事を心で念じながら投げます。表と裏が出たら、おみくじをひいていい、という神様からのサイン。そこではじめて、おみくじをひくことができます。

おみくじは、中国語で書かれているため、解読不可能...。ですが、ここでもボランティアのおばあちゃんが登場!願い事を聞いてくれて、おみくじに書かれている意味も解説してくれました。

イマイチだったところ

  • 占い横丁で占いにチャレンジしましたが、ちょっと外れだったかも..。みんな、納得いかない結果で少し盛り下がりました。占いなので、仕方ありませんが...。

まとめ

この時、筆者の願い事は「大好きな彼と結婚したい」ということでした。実は、結婚に当たり、障害があり、悩んでいました。行天宮のおみくじをひいて、ボランティアのおばあちゃんに教えて頂いた通りに参拝をしました。その際に、おばあちゃんからおみくじ解説とともに「あなたの気持ち次第ですよ。」というアドバイスも頂き、とても心に残っていました。

1年後、障害は解決、筆者は結婚することができました。それ以来、まだ台湾を訪れる機会はありませんが、次回旅する際は、再び訪れ、お礼の参拝をしたいな、と思っています。

筆者にとって、行天宮は人生を前に進めるきっかけを作ってくれたパワースポット。皆さんも、台湾旅行の際は是非、訪れてみて下さいね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。